不動産投資ニュース.com
2020年10月21日(水)
 不動産投資ニュース.com

不動産投資CF「CREAL」、那覇でホテルを運用する第32号ファンドの受付開始

新着ニュース30件






























不動産投資CF「CREAL」、那覇でホテルを運用する第32号ファンドの受付開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
『(仮称)Rakuten STAY Naha Ti-da』を建築・運用
株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、2020年9月23日、同社が運営する不動産投資クラウドファンディングサービス『CREAL』において、第32号ファンドの投資申込受付を開始した。

『CREAL』は、1万円からの不動産投資が可能なクラウドファンディングサービス。第32号ファンドは、沖縄県那覇市にて土地を取得した上で、ホテル『(仮称)Rakuten STAY Naha Ti-da』を建築・運用するプロジェクトとなっている。

資産価値の高い物件に、1万円から投資
株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは、アセットマネジメント事業やヘルスケアファンド事業と共に、クラウドファンディング事業を展開している企業。「一歩先行く資産運用」という発想から有益なサービスを開発・提供し続けており、「不動産投資の民主化」を実現するクラウドファンディングサービスとして『CREAL』の運営も手がけている。

『CREAL』は、実際に不動産投資を行っている感覚そのままに、インターネット上での投資を実現したサービス。厳選された資産価値の高い物件に対して、1万円から投資を行うことができる。マーケットの影響を受けにくく、安定的な配当が可能であることも、特徴となっている。

原価で建物を取得、より高い利回りを設定
『CREAL』第32号ファンドは、那覇市にてホテルを建築・運用する不動産開発プロジェクト。同ホテルは、沖縄都市モノレール線・美栄橋駅から徒歩約8分の市街地に立地し、運営は楽天LIFULL STAY株式会社が担当。原価で建物を取得できるため、より高い利回りが設定されている。

同ファンドでは、募集金額を735000000円と設定。想定運用期間は、2020年10月16日から2022年9月30日となっている。


外部リンク

『CREAL』第32号ファンド - 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
https://creal.jp/funds/32

『CREAL』第32号ファンド 沖縄のホテル開発案件 - 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
https://bridge-c.com/news/20200918_2028


Amazon.co.jp : CREAL に関連する商品
  • 渋谷区、23区中トップに。「月例新築マンション動向」2020年9月版速報(10月20日)
  • アイディの不動産小口化商品「COLEAD」、1号商品の償還が完了(10月17日)
  • 首都圏、上昇を維持。「分譲マンション賃料月別推移」2020年9月版(10月17日)
  • シノケン、不動産取引のDXを進める「トラストDX」をスカラと共同開発(10月17日)
  • 埼玉りそな銀行、「不動産修繕資金信託」の取り扱い開始(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->