不動産投資ニュース.com
2020年11月28日(土)
 不動産投資ニュース.com

渋谷区、23区中トップに。「月例新築マンション動向」2020年9月版速報

新着ニュース30件






























渋谷区、23区中トップに。「月例新築マンション動向」2020年9月版速報

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年9月の東京23区における市場動向
株式会社マーキュリーは、2020年10月19日、『月例新築マンション動向』2020年9月版の速報データを発表した。

『月例新築マンション動向』は、新築分譲マンションの平均価格から前年同月比を算出し、その推移を最新動向として報じているもの。今回発表された速報データは、2020年9月の東京23区における市場動向がまとめられている。

月例新築マンション動向
供給戸数が最も多かったのは、江東区
今回発表された速報データによると、2020年9月の東京23区において新築分譲マンションは、1309戸が供給された。

23区中で供給戸数が最も多かったのは、208戸の江東区。同区の新築マンション平均価格は3120万円となり、平均価格変動率は前年同月比でマイナス42%に下落。平均面積については、投資型マンションの供給が半数以上を占めたことを受けて26.86平米となっている。

23区中で新築マンション供給戸数が最も少なかったのは、文京区・品川区・足立区の3区。この3区では、同月に供給そのものが行われていない。

3億円超え物件に牽引された渋谷区
2020年9月の東京23区において、新築分譲マンションの平均価格が最も高かったのは、17599.1万円をマークした渋谷区。同区では、平均価格変動率も前年同月比でプラス93%を達成。供給が発生した行政区の中では、最も高い伸びを示している。

なお、株式会社マーキュリーは渋谷区の活況について、平均価格が3億円を超える『ザコート神宮外苑』『プラウド元代々木町』といった物件が区全体の価格を牽引したと考察している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

月例新築マンション動向(速報値)2020年9月実績 - 株式会社マーキュリー
https://real-net.jp/

速報/月例新築マンション動向9月実績発表 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p


Amazon.co.jp : 月例新築マンション動向 に関連する商品
  • 約5割の大家が事故への危機感なし-ファーストロジック調べ(11月27日)
  • CF「FUELオンラインファンド」、「JINUSHIビジネス」への投資機会を創出へ(11月27日)
  • iYell、住宅ローン特化型AIチャットボットサービスのLINE版をリリース(11月26日)
  • 首都圏、都の牽引により上昇。2020年10月の中古マンション70平米価格(11月25日)
  • 不動産投資型CF「ぽちぽちFUNDING」、第1号プロジェクトが1分を経ずに完売(11月23日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->