不動産投資ニュース.com
2020年10月21日(水)
 不動産投資ニュース.com

マニュライフ生命の外貨建個人年金保険、足利銀行でも発売開始

新着ニュース30件






























マニュライフ生命の外貨建個人年金保険、足利銀行でも発売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
「こだわり個人年金」足利銀行でも取り扱い開始
マニュライフ生命保険は10月5日、「こだわり個人年金(外貨建)」の販売を足利銀行でも開始した。

同商品は正式名称「無配当外貨建個人年金保険(積立利率変動型)」として、2015年発売された。さまざまな金融機関を通じて販売されており、足利銀行は43店舗目の提携先となる。

個人年金
「こだわり個人年金(外貨建)」の特長
「こだわり個人年金(外貨建)」の特長は、主に次の6点である。

1点目は、払込金を契約通貨(米ドル/豪ドル)に換算して積立する外貨建運用。

円に比べて高い金利水準で推移している外貨で運用するため、比較的高い利回りが期待できる。またリタイアメント後の資産の一部を外貨建で保有することで資産が分散され、リスクの軽減につながる。

2点目は、毎月更改される積立利率と、最低保証。

保険料払込期間中、積立利率は毎月見直され、市場金利の変動に弾力的に対応する。米ドル/豪ドルともに、最低保証として設定されている積立利率年1.5%を割ることがないので安心だ。

3点目は、相場やライフステージ、家計の状況の変化への柔軟な対応。

保険料円払込額の減額、払い込みの停止および再開が可能なので、無理なく続けられる。相場の状況や自身の退職のタイミングなどによって保険料払込期間の延長も可能だ。

4点目は、個人年金保険料控除の適用。

保険料には「個人年金保険料税制適格特約」が付加され、所定の条件を満たせば「個人年金保険料控除」の対象となる。

5点目は、告知なしで加入できること。

医療機関での検査や告知書不要なので手軽に加入できる。

6点目は、健康相談などの付帯サービスが利用できること。

業務提携企業のティーペックが提供する、病気やケガに関する相談や、医師によるセカンドオピニオンが受けられる「こころとからだの健康サポートメディカルリリーフ(プラス)」が利用できる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

マニュライフ生命保険株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000170.000014784.html

こだわり個人年金(外貨建) │ マニュライフ生命
https://www.manulife.co.jp/


Amazon.co.jp : 個人年金 に関連する商品
  • 渋谷区、23区中トップに。「月例新築マンション動向」2020年9月版速報(10月20日)
  • アイディの不動産小口化商品「COLEAD」、1号商品の償還が完了(10月17日)
  • 首都圏、上昇を維持。「分譲マンション賃料月別推移」2020年9月版(10月17日)
  • シノケン、不動産取引のDXを進める「トラストDX」をスカラと共同開発(10月17日)
  • 埼玉りそな銀行、「不動産修繕資金信託」の取り扱い開始(10月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->