不動産投資ニュース.com
2021年03月05日(金)
 不動産投資ニュース.com

金融メディアのZUU、空き物件利用推進メディア「Spacible」開発を支援

新着ニュース30件






























金融メディアのZUU、空き物件利用推進メディア「Spacible」開発を支援

このエントリーをはてなブックマークに追加
空きスペースの再定義と利活用を推進
株式会社ZUUは、2020年12月29日、株式会社PLEASTの不動産オーナー向けメディア『Spacible』開発を支援したと発表した。

『Spacible』は、空き物件の活用に課題を感じている不動産オーナーに対して、空きスペースの再定義と利活用の推進を支援すべく運営されているメディア。開発支援に際して株式会社ZUUは、同社のコンテンツマネジメントシステム『MP Cloud』を提供している。

コロナ禍で増加している空き物件
現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってオフィスの在り方に対する価値観が変化し、空き物件が増加している。福岡にて空き家物件のサテライトオフィス事業を展開する株式会社PLEASTは、こうした状況において不動産資本の有効活用を進めるべく、『Spacible』を開発するに至った。

『Spacible』では、「働く場所を変化させる不動産メディア」というコンセプトの下、空き物件を保有する不動産オーナーに向けて空きスペースの再定義を推進。不動産投資に関する様々な情報を、サテライトオフィスなど働き方に役立つ観点から発信するという。

『Spacible』正式リリースは、2021年1月15日
『Spacible』開発を支援した株式会社ZUUは、月間400万UUを超える金融メディア『ZUU online』を運営する企業。『Spacible』に提供される『MP Cloud』は、『ZUU online』のコンテンツマネジメントシステムとして開発されている。

なお『Spacible』の正式リリース日は、2021年1月15日と予定されている。


外部リンク

不動産メディア『Spacible』開発を支援 - 株式会社ZUU
https://zuu.co.jp/news/detail/id=1404


Amazon.co.jp : Spacible に関連する商品
  • フラット35金利2か月連続で上昇-住宅金融支援機構(3月4日)
  • 「天候」改善エリア、増加。「中古マンション価格天気図」2021年1月度版(3月1日)
  • iYellグループ、備前日生信用金庫に「住宅ローンプラットフォーム」を提供開始(2月28日)
  • 押上駅、好調。東武伊勢崎線・浅草駅~草加駅間の駅別中古マンション価格(2月27日)
  • 投資用不動産管理ツール「Propally for Owners」、2021年春にリリース(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->