不動産投資ニュース.com
2021年03月05日(金)
 不動産投資ニュース.com

12月東京主要5区の空室率、7か月連続で上昇-ビルディンググループ調べ

新着ニュース30件






























12月東京主要5区の空室率、7か月連続で上昇-ビルディンググループ調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京主要5区の募集条件を見直しが活発化
ビルディンググループは1月14日、2020年12月度の「全国6大都市圏 オフィスビル市況調査」を発表した。全国6大都市(東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台)における、オフィスビル市場の動向を調査したもの。

これによると12月度は、全国6大都市全てで空き室率が上昇した。

東京主要5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)の平均空室率は、前月比0.08ポイント上昇の4.66%。7か月連続での上昇となった。企業の集約・縮小に伴い、空室が増加したとみられる。

平均推定成約賃料は、前月比309円下落の2万3,373円。3か月連続の下落となった。募集条件を見直す動きがみられ、今後も継続して低下すると予想される。

オフィスビル
東京以外のエリアでは空き室率・賃料共に上昇
東京以外のエリアの動向は、以下の通りである。

名古屋エリアの平均空室率は、前月比0.13ポイント上昇の3.36%。平均推定成約賃料は、前月比108円上昇の1万2,640円。

大阪エリアの平均空室率は、前月比0.23ポイント上昇の2.86%。平均推定成約賃料は前月比212円上昇の1万2,150円。

福岡エリアの平均空室率は、前月比0.18ポイント上昇の3.03%。平均推定成約賃料は、前月比26円下落の1万5,382円。

札幌エリアの平均空室率は、前月比0.16ポイント上昇の2.04%。平均推定成約賃料は、前月比178円上昇の1万1,619円。

仙台エリアの平均空室率は、前月比0.81ポイント上昇の4.91%。平均推定成約賃料は、前月比311円上昇の1万2,209円。

(画像は「2020年12月度調査レポート 全国6大都市圏オフィスビル市況調査」より)


外部リンク

2020年12月度調査レポート 全国6大都市圏オフィスビル市況調査 - ビルディンググループ
http://www.building.co.jp/


Amazon.co.jp : オフィスビル に関連する商品
  • フラット35金利2か月連続で上昇-住宅金融支援機構(3月4日)
  • 「天候」改善エリア、増加。「中古マンション価格天気図」2021年1月度版(3月1日)
  • iYellグループ、備前日生信用金庫に「住宅ローンプラットフォーム」を提供開始(2月28日)
  • 押上駅、好調。東武伊勢崎線・浅草駅~草加駅間の駅別中古マンション価格(2月27日)
  • 投資用不動産管理ツール「Propally for Owners」、2021年春にリリース(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->