不動産投資ニュース.com
2021年05月11日(火)
 不動産投資ニュース.com

東京カンテイ、JR総武線の中古マンションの坪単価を発表

新着ニュース30件






























東京カンテイ、JR総武線の中古マンションの坪単価を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
JR総武線「三鷹」駅~「信濃町」駅の坪単価を発表
東京カンテイは4月27日、「駅別中古マンション価格/JR総武線(1)」を発表した。

同社のデータベースに登録されたファミリー向け中古マンションの売り希望価格をもとに、同線の駅エリアごとの平均坪単価を算出したもの。集計期間は、2020年12月~21年2月。

なお今回発表されたのは、JR総武線のうち「三鷹」駅~「信濃町」駅の区間のデータである。

中古マンション価格
最高値は「代々木」駅の355万円
JR総武線全エリア(「三鷹」駅~「千葉」駅)における中古マンションの坪平均価格は、前年同期比3.3%上昇の219万円となった。

今回の発表区間である「三鷹」駅~「信濃町」駅り価格動向は、前年に比べて“横ばい”もしくは“やや上昇”といった傾向がみられる。

区間内で坪単価が最高値となったのは、「代々木」駅の355万円で、前年比で3.7%の上昇となった。

このほか前年区と比べて価格変動率が高かったのは、10.3%上昇「高円寺」駅(坪単価256万円)、7.7%上昇の「三鷹」駅(同271万円)、3.4%上昇の「中野駅」(同271万円)。いずれの駅も、ハイグレード物件が複数発生したことが要因と考えられる。

逆に「東中野」駅(同272万円)は2.5%のマイナスとなり、今回の区間で唯一坪単価が下落した。平均築年数が前年の26.2年から32.1年と、築古化が進んだことが影響した。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

駅別中古マンション価格/JR総武線(1) - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/wayside_station/879


Amazon.co.jp : 中古マンション価格 に関連する商品
  • 「GMO賃貸DX」、賃貸管理会社と「業者さん」を繋ぐアプリを2021年秋リリースへ(5月7日)
  • 伊予銀行の住宅ローンデジタルサービス「HOME」、特許を取得(5月1日)
  • タス、「賃貸住宅市場レポート 2021年4月」発表(4月30日)
  • 超高層マンション供給、2021年以降で約11万戸の予定(4月30日)
  • 首都圏の中古マンション価格指数、8か月連続で上昇(4月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->