不動産投資ニュース.com
2020年06月04日(木)
 不動産投資ニュース.com

iYell、「いえーる ダンドリ」の提携先拡大を図るべく資金調達を実施

新着ニュース30件






























iYell、「いえーる ダンドリ」の提携先拡大を図るべく資金調達を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
「国内最大の住宅ローンテックベンチャー」
iYell株式会社は、2019年9月30日、第三者割当増資などにより総額16.5億円の資金調達を実施したと発表した。

同社は、「国内最大の住宅ローンテックベンチャー」を標榜し、『住宅ローンの窓口 ONLINE』などのサービスを展開している企業。資金調達は大手不動産会社など25社を引受先として実施され、同社の累計調達額は約23.1億円に達している。

金融機関などが抱える住宅ローンの課題を解決
近年、金融機関における住宅ローン取扱件数は、マイナス金利の影響により増加している。案件が増加した金融機関では、多くの人員リソースの需要が発生。しかし、マイナス金利で収益性は低下するため、さらなる効率化を果たす業務改善が求められるようになった。

こうした状況においてiYellは、金融機関やエンドユーザーが抱える住宅ローンの課題を解決すべく、様々なサービスを提供。住宅ローンのマーケットプレイスを軸とする『iYell住宅ローンプラットフォーム』を構築し、第二地方銀行の平均値と同等規模の額を取り扱っている。

『iYell住宅ローンプラットフォーム』構築を加速化
iYellは今回、『iYell住宅ローンプラットフォーム』構築のさらなる加速化を企図し、資金調達を実施した。引受先には、横浜銀行株式会社などの地方銀行や、三菱地所株式会社といった大手不動産会社の名が並んでいる。

調達した資金についてiYellは、メインサービス『いえーる ダンドリ』の提携先拡大を図るべく、キャンペーン施策の費用や人材投資に活用するとしている。


外部リンク

総額16.5億円の資金調達を実施、累計調達額は23.1億円に - iYell株式会社
https://iyell.co.jp/20190930_funding/


Amazon.co.jp : iYell に関連する商品
  • iYellグループ、みずほ銀行に「住宅ローンプラットフォーム」を提供開始(6月3日)
  • フラット35最低金利、3か月振りに減少-住宅金融支援機構(6月2日)
  • テレワークで物件に求める条件に変化が!?-S-FIT調べ(5月30日)
  • 不動産投資CF「Rimple」、累計応募金額が10億円突破。テレビCMも放映(5月30日)
  • 首都圏「定期借家物件」家賃が上昇傾向に-アットホーム調べ(5月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->