不動産投資ニュース.com
2020年01月24日(金)
 不動産投資ニュース.com

不動産投資型クラファン「X-Crowd」、会員登録受け付けを開始

新着ニュース30件






























不動産投資型クラファン「X-Crowd」、会員登録受け付けを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
リスク分散の選択肢として投資家にアピール
株式会社インテリックスは、2019年10月7日、不動産投資型クラウドファンディングサービス『X-Crowd』の会員登録受け付けを開始した。

同社は、中古マンション再生流通事業を手がけており、同事業で培った「目利き力」を強みとする形で『X-Crowd』の開始に至った。リスク分散の選択肢として、投資家へのアピールを行うという。

手続きをネット上で行える手軽な投資
『X-Crowd』開始にあたりインテリックスは、不動産特定共同事業法第2条第4項第1号に基づく電子取扱業務の許可と、同法第2条第4項第2号に基づく電子取扱業務の許可を取得。この許可に基づき『X-Crowd』は、手続きをネット上にて行える手軽な投資として展開される。

『X-Crowd』において投資家は、会員登録後にインテリックスとの間で匿名組合契約を締結し、出資金を払い込む。出資金は優先出資部分となり、インテリックスが劣後出資をして運用。運用資産からの利益について優先出資者は、劣後出資者よりも優先的に分配を受ける権利を持つ。

第1号ファンドは、リノベーションした京町家
『X-Crowd』は第1号ファンドとして、京町家をリノベーションした宿泊施設を対象とする予定。同ファンドでは、10万円を1口単位とする匿名組合型で、出資者の募集が行われるという。

またインテリックスは、他社の不動産投資型ファンドについても、『X-Crowd』上での募集を検討。プラットフォーム展開を推進し、さらなるサービスの拡充を図るとしている。


外部リンク

不動産投資型クラウドファンディングサービス開始に関するお知らせ - 株式会社インテリックス
https://ssl4.eir-parts.net/doc/8940/tdnet/1755531/00.pdf

不動産投資型クラウドファンディングサービス『X-Crowd』サービス開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/


Amazon.co.jp : クラウドファンディング に関連する商品
  • 渋谷駅、400万円台が目前。東京メトロ副都心線の駅別中古マンション価格(1月23日)
  • 不動産投資クラファン「FANTAS funding」、第17回募集で抽選方式を導入(1月20日)
  • AMBITION、不動産投資クラファン「Afunding」のサイトをオープン(1月20日)
  • 首都圏、上昇が続く。「分譲マンション賃料月別推移」2019年・年間版発表(1月20日)
  • シノケン子会社、金融商品取引法に基づく投資運用業の登録完了(1月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->