不動産投資ニュース.com
2020年06月04日(木)
 不動産投資ニュース.com

横浜市旧南区総合庁舎跡地が大型スーパーなどの商業施設に

新着ニュース30件






























横浜市旧南区総合庁舎跡地が大型スーパーなどの商業施設に

このエントリーをはてなブックマークに追加
店舗やサービス施設が入居する4階建て商業施設
JR西日本不動産開発は9月30日、「横浜市旧南区総合庁舎跡地開発」のプロジェクトを始動すると発表した。

横浜市旧南区総合庁舎跡地の課題解決型公募にて事業予定者に選定され、土地の取得について横浜市との間で売買契約を締結した。

このプロジェクトは、総合スーパーマーケットやスポーツクラブを核に、クリニック、調剤薬局、飲食店、物販店、託児施設など複合の店舗構成による地上4階建ての商業施設を建設するもの。

地域の人々の生活利便性の向上や賑わいの場を創出するとともに、地域の交流の場となる「地域交流施設」や「広場」や「テラス」などの開放スペースも整備する。

横浜市旧南区総合庁舎跡地開発
開業は2022年秋頃予定
今後、2020年夏頃に工事に着手し、2022年夏頃の完成を目指す。開業は2022年秋頃の予定だ。

開発地となる横浜市旧南区総合庁舎跡地の所在地は、横浜市南区花之木町三丁目48番1。横浜市営地下鉄「蒔田」駅から、徒歩約3分の立地。

JR西日本不動産開発は
関西・西日本エリアで培った日常生活の利便性を高める商業施設の開発実績のノウハウをベースにこの旧南区総合庁舎跡地においても、「魅力あふれる街づくり」を通じて、地域社会の発展に貢献したい
(プレスリリースより)

と述べている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

JR西日本不動産開発株式会社のプレスリリース
https://www.jrwd.co.jp/news/2019/nw_0930.html


Amazon.co.jp : 横浜市旧南区総合庁舎跡地開発 に関連する商品
  • iYellグループ、みずほ銀行に「住宅ローンプラットフォーム」を提供開始(6月3日)
  • フラット35最低金利、3か月振りに減少-住宅金融支援機構(6月2日)
  • テレワークで物件に求める条件に変化が!?-S-FIT調べ(5月30日)
  • 不動産投資CF「Rimple」、累計応募金額が10億円突破。テレビCMも放映(5月30日)
  • 首都圏「定期借家物件」家賃が上昇傾向に-アットホーム調べ(5月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->