不動産投資ニュース.com
2019年11月19日(火)
 不動産投資ニュース.com

八重洲一丁目北地区の再開発事業、2025年から着工予定

新着ニュース30件






























八重洲一丁目北地区の再開発事業、2025年から着工予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
旧東京瓦斯本社ビル跡を再開発
東京ガス不動産は10月11日、「(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」が諸手続きを終え、都市計画として決定したと発表した。

この事業は、東京ガス不動産が八重洲一丁目北地区再開発準備組合の一員として進めているもの。開発計画地内に旧東京瓦斯本社ビルを保有しており、地区内権利者との共同開発を検討してきた。

敷地面積は約9260平米。これを南街区と北街区に分けて開発する計画で、南街区にはオフィス、店舗、宿泊施設、駐車場などから構成される高層ビルを建設する。

本体工事は2025年度から着手し、南街区の完成は2030年度、北街区の完成は2035年度となる予定だ。

東京ガス不動産
国際金融・都心型MICEを支える街づくり
事業計画の所在地は、東京都中央区八重洲一丁目1番他。国が掲げる「東京国際金融センター構想」の金融軸の中心に位置してしており、JR「東京」駅の日本橋口から至近、地下鉄「日本橋」駅にも直結する交通利便性の高さを誇る。

また、この事業では日本橋川沿いエリアの水辺空間と歩行者ネットワークの整備や国際金融・都心型MICEを支える高度金融人材サポート施設の整備、防災対応力強化と環境負荷低減に向けた取り組みも行う。

東京ガス不動産は今回の事業決定に関して
国際都市東京に相応しい象徴性を持った都市景観の形成と日本橋川沿いエリアのゲートとして相応しい通りの景観形成を実現し、都市の再生にも貢献してまいります
(プレスリリースより)

と述べている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

東京ガス不動産株式会社のプレスリリース
https://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20191011-01.html


Amazon.co.jp : 東京ガス不動産 に関連する商品
  • アルヒ、住宅ローン『ARUHIスーパーフラット6』の取り扱いを12月開始(11月17日)
  • 主要都市の地価は緩やかな上昇基調-国交省(11月17日)
  • 賃貸仲介業の景況感14エリア中12エリアで低下(11月16日)
  • 首都圏、再び上昇。「分譲マンション賃料月別推移」2019年10月度版(11月16日)
  • 一気通貫で代行。iYell、EST GROUPに住宅ローンデスクのサービスを提供(11月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->