不動産投資ニュース.com
2019年11月19日(火)
 不動産投資ニュース.com

東京Aグレードオフィス空室率、2四半期連続で1%割れ

新着ニュース30件






























東京Aグレードオフィス空室率、2四半期連続で1%割れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京Aグレードオフィスの空室率0.6%
ジョーンズ ラング ラサール社(JLL)は10月9日、「2019年第3四半期の東京Aグレード、Bグレードオフィスの空室率及び賃料」を発表した。

これによると、第3四半期における東京Aグレードオフィスの空室率は、前期比0.15ポイント低下の0.6%。2四半期連続で、1%を下回る水準となった。

中心業務地区全体で既存・新規ともに供給が極めて限定的ななか、大手町・丸の内での新築物件の成約が進んでいる。

月額坪あたり賃料は、3万9536円(共益費込)。前期比で0.7%、前年比では5.0%の上昇となった。30四半期連続で上昇しているものの、上昇ペースに減速がみられる。今期は新宿、渋谷を含むサブマーケットが、賃料の上昇を引っ張った。

空室率
東京Bグレードオフィスの空室率0.3%
第3四半期における東京Bグレードオフィスの空室率は、前期比横ばいの0.3%だった。6四半期連続で1%を下回っている。

月額坪あたり賃料は、2万5098円(共益費込)。前期比で1.6%上昇しており、27四半期連続で上昇が続いており、上昇ペースも加速した。六本木・赤坂、日本橋、渋谷を含むサブマーケットが上昇を後押ししている。


外部リンク

ジョーンズ ラング ラサール株式会社のプレスリリース
https://www.joneslanglasalle.co.jp/


Amazon.co.jp : 空室率 に関連する商品
  • アルヒ、住宅ローン『ARUHIスーパーフラット6』の取り扱いを12月開始(11月17日)
  • 主要都市の地価は緩やかな上昇基調-国交省(11月17日)
  • 賃貸仲介業の景況感14エリア中12エリアで低下(11月16日)
  • 首都圏、再び上昇。「分譲マンション賃料月別推移」2019年10月度版(11月16日)
  • 一気通貫で代行。iYell、EST GROUPに住宅ローンデスクのサービスを提供(11月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->