不動産投資ニュース.com
2020年07月14日(火)
 不動産投資ニュース.com

不動産投資型クラファン「X-Crowd」、京町家の第1号ファンド募集を開始へ

新着ニュース30件






























不動産投資型クラファン「X-Crowd」、京町家の第1号ファンド募集を開始へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京町家を宿泊施設化した物件が対象
株式会社インテリックスは、2019年11月29日、同社の不動産投資型クラウドファンディングサービス『X-Crowd』上にて第1号ファンドの募集を開始する。

同社は、中古マンションの再生流通事業を展開している企業。募集が開始される『X-Crowd』第1号ファンドは、京都市下京区に立地する京町家を宿泊施設化した物件が対象となっている。

X-Crowd
ネット上での手軽な投資を実現
『X-Crowd』は、中古マンション再生流通事業において培った物件の「目利き力」を強みとする形で、インテリックスが展開している不動産投資型クラウドファンディングサービス。不動産特定共同事業法に準拠すると共に、電子取扱業務の許可も取得しているため、ネット上での手軽な投資を実現している。

同サービスは、リスク分散の選択肢となるオルタナティブ投資の一手段としての利用を、投資家に対してアピール。また、地方創生に貢献が可能な不動産ファンドも計画することで、より豊かなストック社会の実現を目指している。

募集期間は、11月29日から12月6日まで
『X-Crowd』第1号ファンドは、京都の景観の一部を形成する京町家を、宿泊施設にリノベーションすることにより収益不動産化した物件。西本願寺や東本願寺といった多くの歴史的建造物からも至近な立地を誇り、宿泊客数は一定水準で推移することが予想されている。

同ファンドの募集期間は、2019年11月29日から12月6日まで。ただし、募集上限金額6300万円に達し次第、終了する。募集単価は、1口10万円となっている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

X-Crowd - 株式会社インテリックス
https://x-crowd.jp/

『X-Crowd』第1号ファンド、2019年11月29日より募集開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/


Amazon.co.jp : X-Crowd に関連する商品
  • 東京都、空家対策として民間事業者に補助金(7月14日)
  • 空室期間の電気契約を徹底カット。「スマート通電byスマ電」、受付を開始(7月14日)
  • 大阪ビジネス地区の空室率2か月連続で上昇-三鬼商事調べ(7月11日)
  • 首都圏中古物件の成約、4か月連続で減少するも減少率は縮小-東日本レインズ(7月11日)
  • 中古マンションの成約件数、4か月連続で減少(7月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->