不動産投資ニュース.com
2020年09月24日(木)
 不動産投資ニュース.com

日本最大客室数のホテルなど羽田空港直結の複合ビルを開発

新着ニュース30件






























日本最大客室数のホテルなど羽田空港直結の複合ビルを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
空港直結のアクセスの良さを生かした再開発
住友不動産と羽田エアポート都市開発は12月10日、羽田空港にて開発を進めている複合開発事業の街区名称を「羽田エアポートガーデン」に決定したと発表した。開業は2020年、春の予定だ。

今回決定した街区名「羽田エアポートガーデン」は、『人が集い、賑わいが生まれる街』をイメージして、人が集まる「ガーデン」と名付けられた。『おもてなし・利便性』、『交流・賑わい』、『交通利便』の3つの機能を備えた、複合開発を目指す。

羽田エアポートガーデン
展望天然温泉や店舗、会議室など様々なニーズに対応
「羽田エアポートガーデン」プロジェクトは約4.3ヘクタールの羽田空港第2ゾーン地区にて、羽田空港に直結した地上12階建ての複合ビルを開発するもの。

ラグジュアリー160室、ハイグレード1557室を擁する1717室と、国内最大規模のエアポートホテルを核とした開発である。

このほか、国際交流機能を強化するためのMICE対応の約2400平米の広さを有するイベントホール・会議室、富士山・飛行機を望む約2000平米の展望天然温泉、15停留所のバスターミナル、約90店舗の商業施設を備える複合ビルとなる。

また、開発エリアは2018年3月に、国家戦略特区に認定されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

住友不動産株式会社、羽田エアポート都市開発株式会社のプレスリリース
http://www.sumitomo-rd.co.jp/


Amazon.co.jp : 羽田エアポートガーデン に関連する商品
  • 不動産投資CF「CREAL」、那覇でホテルを運用する第32号ファンドの受付開始(9月24日)
  • 不動産投資CF「Rimple」第7回ファンド、情報公開を開始(9月24日)
  • 近畿圏、4ヵ月連続上昇。「中古マンション70平米価格月別推移」2020年8月版(9月24日)
  • 近畿圏マンション発売数20.6%増、5か月ぶりの増加(9月19日)
  • 日本ロジスティクスファンド投資法人、今期分配金9830円(9月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->