不動産投資ニュース.com
2020年03月29日(日)
 不動産投資ニュース.com

プロパティエージェント、不動産クラファン「Rimple」オープン

新着ニュース30件






























プロパティエージェント、不動産クラファン「Rimple」オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産投資をもっとシンプルなものにしたい
プロパティエージェント株式会社は、2020年2月5日、同社の不動産クラウドファンディングサービス『Rimple』のサービスサイトをオープンした。

同社は、「IT」×「都心」×「不動産」をコンセプトとして資産運用型の投資用不動産などを提供している企業。『Rimple』は、不動産投資をもっと簡単かつシンプルなものにしたいという同社の思いから、提供が開始されている。

Rimple
ポイントを使った現金出資も可能
プロパティエージェントは、不動産投資について多くの人が「難しい」「敷居が高い」と感じている現状を憂慮。小口で集まった資金を利用し、不動産の取得・運営を行うクラウドファンディングサービスとして、『Rimple』をオープンするに至った。サービス名は、「Real estate(不動産)」と「Simple(簡単に)」を組み合わせる形で命名されている。

『Rimple』は、スマートフォンでも利用しやすいUI・UXを提供することで、利便性と顧客満足度の向上を追求。また、他社が発行するポイントと『リアルエステートコイン』を交換することで、クレジットカードなどのポイントを使って不動産クラウドファンディングに現金出資できることも、特徴となっている。

圧倒的会員数の獲得を目指す
『Rimple』においてプロパティエージェントは現在、他社のポイントプログラムとの連携を検討している。株式会社クレディセゾンの『永久不滅ポイント』とのポイント交換が連携第1弾となる予定だという。

プロパティエージェントは今後、『Rimple』において圧倒的会員数の獲得を目指し、より多くの人々に少額での資金形成の機会を提供するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

『Rimple』サービスサイトオープン - プロパティエージェント株式会社
http://contents.xj-storage.jp/


Amazon.co.jp : Rimple に関連する商品
  • 不動産投資クラファン「Rimple」、初回ファンド落選者限定のキャンペーン実施(3月27日)
  • あざみ野駅、反転上昇。横浜市営地下鉄ブルーラインの駅別中古マンション価格(3月27日)
  • ブリッジ・シー・キャピタル、ヘルスケア関連不動産ファンド第一号案件をクローズ(3月27日)
  • 不動産投資クラファン「CREAL」、オンライン本人確認「LIQUID eKYC」導入(3月25日)
  • ブリッジ・シー・キャピタル、組成した不動産ファンドが特定社債を発行(3月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->