不動産投資ニュース.com
2020年03月28日(土)
 不動産投資ニュース.com

MFS、オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」でユーザー調査を実施

新着ニュース30件






























MFS、オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」でユーザー調査を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
借り換えサービスを利用したユーザー1996名が対象
株式会社MFSは、同社運営のオンライン住宅ローンサービス『モゲチェック』においてユーザー調査を実施し、その結果概要を2020年3月4日に発表した。

『モゲチェック』は、ITを活用した住宅ローンの新規借り入れ・借り換えサービス。同調査は、『モゲチェック』の借り換えサービスを利用したユーザー1996名を対象として、実施されている。

住宅ローン
借り換えによるメリット、「0~99万円」が最多
調査ではまず、金利について調べている。結果、『モゲチェック』で住宅ローン借り換えサービスを申し込んだユーザーのうち、借り換え前の金利が1%台だったという人は、変動金利・固定金利の双方で約半数に達した。2%台以上の金利で借りているユーザーは、変動金利では22%、固定金利では33%となっている。

調査では、借り換えによるメリットについても質問。結果は、「0~99万円」という回答が35%で最多となった。次点には、19%の「100万円~199万円」、18%の「500万円以上」、13%の「200万円~299万円」が続いている。

「とにかく金利が安いものがいい」
調査では、住宅ローン借り換えで重視するポイントについても、訊ねている。結果は「とにかく金利が安いものがいい」という回答が54%を占めてトップとなった。2位には、37%の「団信の保障内容も充実化した」がランクイン。3位には、「固定金利がいい」が9%で入っている。

なおMFSは、2020年3月は住宅ローンの金利が低下し、2016年のマイナス金利導入以来の借り換えチャンスが到来すると考えている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

住宅ローン借り換えユーザーに関する調査レポートを発表 - 株式会社MFS
https://www.mortgagefss.jp/pressrelease/970/


Amazon.co.jp : 住宅ローン に関連する商品
  • 不動産投資クラファン「Rimple」、初回ファンド落選者限定のキャンペーン実施(3月27日)
  • あざみ野駅、反転上昇。横浜市営地下鉄ブルーラインの駅別中古マンション価格(3月27日)
  • ブリッジ・シー・キャピタル、ヘルスケア関連不動産ファンド第一号案件をクローズ(3月27日)
  • 不動産投資クラファン「CREAL」、オンライン本人確認「LIQUID eKYC」導入(3月25日)
  • ブリッジ・シー・キャピタル、組成した不動産ファンドが特定社債を発行(3月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->