不動産投資ニュース.com
2020年03月28日(土)
 不動産投資ニュース.com

首都圏、下落傾向から持ち直す。2020年2月の新築木造一戸建て住宅平均価格

新着ニュース30件






























首都圏、下落傾向から持ち直す。2020年2月の新築木造一戸建て住宅平均価格

このエントリーをはてなブックマークに追加
平均価格の算出およびその推移を考察
株式会社東京カンテイは、2020年3月16日、プレスリリース『主要都市圏・主要都市別/新築木造一戸建て住宅平均価格 月別推移』2020年2月版を発表した。

同リリースは、敷地面積100~300平米などの条件を満たす新築木造物件を対象として、平均価格の算出およびその推移を考察したもの。同社はこのリリースを毎月発表している。

新築木造一戸建て住宅平均価格
地域によって動きに違いが生じた首都圏
2020年2月の首都圏における新築一戸建て住宅の平均価格は、3840万円となった。前月比ではプラス1.8%となり、2ヵ月連続の上昇を達成している。

都県別に見た場合、東京都は前月比プラス6.2%の4800万円、神奈川県はプラス1.1%の4078万円となり、2ヵ月連続の上昇をマーク。一方、埼玉県はマイナス2.5%の3297万円となり、下落へ転じた。千葉県は、マイナス1.2%の3120万円となり、2ヵ月連続で下落している。

首都圏の動きについて東京カンテイは、1月までの下落傾向から持ち直し、強含んだ点に注目。しかし同時に、地域によって動きに違いが生じている点も指摘している。

近畿圏は回復、中部圏は価格水準に変化なし
2020年2月の近畿圏における新築一戸建て住宅の平均価格は、3204万円をマーク。前月比はプラス1.0%となり、2019年12月の水準にまで回復している。

中部圏の平均価格は、前月比マイナス0.8%の3083万円となり、下落へ転じた。ただし、中部圏の価格水準自体に変化はないと、東京カンテイは指摘している。

福岡県は、前月比マイナス0.2%の3078万円となったが、前年同月比はプラス3.3%を達成した。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

主要都市圏・主要都市別/新築木造一戸建て住宅平均価格 月別推移 2月 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/kodatesintiku202002.pdf


Amazon.co.jp : 新築木造一戸建て住宅平均価格 に関連する商品
  • 不動産投資クラファン「Rimple」、初回ファンド落選者限定のキャンペーン実施(3月27日)
  • あざみ野駅、反転上昇。横浜市営地下鉄ブルーラインの駅別中古マンション価格(3月27日)
  • ブリッジ・シー・キャピタル、ヘルスケア関連不動産ファンド第一号案件をクローズ(3月27日)
  • 不動産投資クラファン「CREAL」、オンライン本人確認「LIQUID eKYC」導入(3月25日)
  • ブリッジ・シー・キャピタル、組成した不動産ファンドが特定社債を発行(3月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->