不動産投資ニュース.com
2020年05月30日(土)
 不動産投資ニュース.com

住宅ローン借り入れ可能額証明書「モゲパス」、新たに不動産会社4社と提携

新着ニュース30件






























住宅ローン借り入れ可能額証明書「モゲパス」、新たに不動産会社4社と提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン借り入れ可能額を判定
株式会社MFSは、2020年4月30日、同社が提供している住宅ローン借り入れ可能額証明書『モゲパス』において、不動産会社4社と提携を行うと発表した。

MFSは、オンライン住宅ローンサービス『モゲチェック』や不動産投資ローンサービス『モゲチェック不動産投資』などの運営を手がける企業。『モゲパス』は、ユーザーの住宅ローン借り入れ可能額を判定した上で、提携不動産会社の紹介も行うサービスとなっている。

MFSが培った独自の審査ノウハウを活用
MFSの『モゲパス』では、住宅購入希望者に対して借り入れ可能額を証明する証書を発行する。発行に際しては、1200件以上の住宅ローンを取り扱う中で同社が培った独自の審査ノウハウを活用し、判定を実施。金融機関が行う事前審査とは異なり、約90%という高い精度での借り入れ可能額判定を実現している。

『モゲパス』は、発行がオンラインで実施されるという特徴も持つ。そのため、最短の場合は当日に『モゲパス』を受け取ることも実現した。また判定後は、提携する不動産会社において予算内の住宅が探すことも可能。物件確定後には、MFSの『モゲチェック』にて最適な条件の金融機関をオンライン上で探すこともできる。

今後も提携不動産会社の増加を図る
今回MFSが『モゲパス』において新たに提携するのは、三菱地所ハウスネット株式会社や株式会社TERASSなど4社。この提携開始により『モゲパス』は、首都圏・中京圏・関西圏・広島エリアでの中古マンション・一戸建て希望のユーザーにも対応が可能となっている。

MFSは今後も『モゲパス』において、提携不動産会社の増加を図るとしている。


外部リンク

不動産会社4社と住宅ローン借り入れ可能額証明書『モゲパス』で提携 - 株式会社MFS
https://www.mortgagefss.jp/pressrelease/1029/


Amazon.co.jp : 住宅ローン に関連する商品
  • 首都圏「定期借家物件」家賃が上昇傾向に-アットホーム調べ(5月29日)
  • 「Yell住宅ローンプラットフォーム」、但馬銀行で件数増加と業務効率化を支援(5月29日)
  • 2月の「既存住宅販売量指数」前月比0.7%減-国交省(5月29日)
  • 横ばい、急増。2020年4月度「中古マンション価格天気図」(5月29日)
  • トップは、新大津駅と京急久里浜駅。京急久里浜線の駅別中古マンション価格(5月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->