不動産投資ニュース.com
2020年07月05日(日)
 不動産投資ニュース.com

横須賀中央、今期も上昇。京急本線・屏風浦~浦賀間の駅別中古マンション価格

新着ニュース30件






























横須賀中央、今期も上昇。京急本線・屏風浦~浦賀間の駅別中古マンション価格

このエントリーをはてなブックマークに追加
駅エリアごとの平均坪単価として算出
株式会社東京カンテイは、2020年5月19日、京急本線・屏風浦駅~浦賀駅間の駅別中古マンション価格を発表した。

ここでの「価格」は、同社データベースに登録された中古マンション(ファミリータイプ)の売り希望価格をもとに、駅エリアごとの平均坪単価として算出されたもの。「現状価格」の集計は、2019年10月から12月までの3ヵ月間に実施されている。

京急本線
好調ぶりを持続した屏風浦駅
京急本線の屏風浦駅~浦賀駅間において中古マンション価格が最高値をマークしたのは、130万円の屏風浦駅となった。同駅エリアは前期も二桁上昇を達成していたが、今期も好調ぶりを持続。築浅事例が増加したことを受け、8%の上昇を果たしている。

同様に好調ぶりを示す駅として、東京カンテイは横須賀中央駅に注目。同駅エリアは、この5年で駅前立地に20階超のタワーマンションが立て続けに建築され、平均築年数も大きく若返った。そのため今期も8%台の上昇を達成し、127万円をマークしている。

杉田駅と能見台駅は下落基調
今回の掲載区間で最多となる事例数を誇る金沢文庫駅は、価格面では微増にあたる103万円をマークした。また、杉田駅と能見台駅は下落基調であり、共に下落幅こそ縮小したものの築年数の上積みは進行している。

なお京急本線全線(泉岳寺駅~浦賀駅)における中古マンションの平均価格は、188万円となった。1年前と比較すると、価格で5万円、割合で2.5%の上昇を果たしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

駅別中古マンション価格/京急本線3 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/wayside_station/744


Amazon.co.jp : 京急本線 に関連する商品
  • 新生銀行、新サービス「ステップダウン住宅ローン(dポイント付)」提供開始(7月4日)
  • 不動産投資CF「CREAL」の「両国駅前ビルファンド」、開始1時間で満額調達完了(7月4日)
  • フラット35最低金利、3か月振りに上昇-住宅金融支援機構(7月4日)
  • 築年数の上積みが進み、下落基調。東急池上線の駅別中古マンション価格(7月2日)
  • 「晴」、14地域から8地域へ減少。2020年5月度「中古マンション天気図」(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->