不動産投資ニュース.com
2020年07月07日(火)
 不動産投資ニュース.com

首都圏分譲マンション、割高感続く-東京カンテイ

新着ニュース30件






























首都圏分譲マンション、割高感続く-東京カンテイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築マンションPERは24.36
東京カンテイは5月7日、首都圏における「2019年 新築マンションPER」を発表した。

マンションPERとは、マンション1戸当たりの収益能力を示す指標で、東京カンテイが毎年公表しているもの。マンション1戸当たりの価格が、分譲マンション賃料の何年分に相当するかを表しており、数値が低いほど価格相場より割安であることを意味する。

「2019年 新築マンションPER」によると、首都圏平均における新築マンションPERは24.36。4年連続で24ポイント台が続いている。

PER22以上の割高感のある駅がエリアを問わず広く分布しており、首都県全体の3/4以上を占める結果となった。

東京カンテイでは
エリアを問わずマンションPERが高い状態が今後とも続いていく可能性は非常に高い
(プレスリリースより)

と分析している。

マンションPER
“見かけ上”の割安駅が増加傾向
首都圏のうち最もマンションPERが低かった駅は、昨年と変わらず京王相模原線の「京王多摩センター」で15.96だった。

これは、駅から徒歩15分に大手デベロッパーの大規模マンションがPERの低下をけん引しているためで、実態より割安感が過剰に示されているといえそうだ。

同様に大手デベロッパーによる物件バイアスによってPERが低めになっている、“見かけ上”の割安が反映している駅として、郊外では「八王子」「国分寺」「柏の葉キャンパス」、都心部~近郊では「浜松町」「志茂」「四ツ谷」「目黒」「表参道」「麻布十番」「池袋」が挙げられる。

また、最もマンションPERが高かった駅は、都営地下鉄浅草線「泉岳寺」の38.56だった。賃料に換算すると、首都圏平均に比べて回収期間が14年以上長くなる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社東京カンテイのプレスリリース
https://www.kantei.ne.jp/report/103PER2019_shuto.pdf


Amazon.co.jp : マンションPER に関連する商品
  • 新生銀行、新サービス「ステップダウン住宅ローン(dポイント付)」提供開始(7月4日)
  • 不動産投資CF「CREAL」の「両国駅前ビルファンド」、開始1時間で満額調達完了(7月4日)
  • フラット35最低金利、3か月振りに上昇-住宅金融支援機構(7月4日)
  • 築年数の上積みが進み、下落基調。東急池上線の駅別中古マンション価格(7月2日)
  • 「晴」、14地域から8地域へ減少。2020年5月度「中古マンション天気図」(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->