不動産投資ニュース.com
2020年07月07日(火)
 不動産投資ニュース.com

2月の「既存住宅販売量指数」前月比0.7%減-国交省

新着ニュース30件






























2月の「既存住宅販売量指数」前月比0.7%減-国交省

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月の「既存住宅販売量指数」を公表
国土交通省は5月27日、2020年2月の「既存住宅販売量指数」を公表した。

この指数は不動産市場を把握するための新たなマクロ指標として、国土交通省が先月から試験運用を始めた。

個人が購入した既存住宅量を指数化したもので、指数の基準値として、2010年の平均を100としている。

なお、個人購入では床面積30平米未満のワンルームマンションの需要が高まっていることから、床面積30平米未満のマンションを含んだ指数と、除去した指数とを併用して公表している。

既存住宅販売量指数
既存住宅販売量指数は109.5
「既存住宅販売量指数」によると2020年2月における全国の既存住宅販売量指数は、合計・季節調整値が前月比1.7%減の109.5だった。前年同月比では0.9%の減少となっている。

このうち30平米未満のマンションを除いた合計・季節調整値は、前月比2.2%減の103.1。前年比では2.5%の減少である。

用途別みると、戸建住宅の季節調整値は前月比1.9%減の106.8。マンションの季節調整値は前月比0.7%減の112.6。このうち30平米未満を除くマンションの季節調整値は、前月比1.8%減の98.9だった。

(画像はプレスリリースより引用)


外部リンク

国土交通省のプレスリリース
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001345469.pdf


Amazon.co.jp : 既存住宅販売量指数 に関連する商品
  • 新生銀行、新サービス「ステップダウン住宅ローン(dポイント付)」提供開始(7月4日)
  • 不動産投資CF「CREAL」の「両国駅前ビルファンド」、開始1時間で満額調達完了(7月4日)
  • フラット35最低金利、3か月振りに上昇-住宅金融支援機構(7月4日)
  • 築年数の上積みが進み、下落基調。東急池上線の駅別中古マンション価格(7月2日)
  • 「晴」、14地域から8地域へ減少。2020年5月度「中古マンション天気図」(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->