不動産投資ニュース.com
2020年07月07日(火)
 不動産投資ニュース.com

新型コロナで首都圏マンション発売戸数が半減-不動産経済研究所調べ

新着ニュース30件






























新型コロナで首都圏マンション発売戸数が半減-不動産経済研究所調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月の発売戸数は51.7%減少の686戸
不動産経済研究所は5月20日、2020年4月度の「首都圏のマンション市場動向」を発表した。

市場動向によると、4月の首都圏におけるマンションの発売戸数は前年同月比で51.7%の半減となり、686戸だった。新型コロナウイルスの感染拡大が大きな影響を及ぼしており、過去最低を記録した。前月比でも68.0%減少している。

しかしながら契約率は78.9%と、前年同月比で14.6ポイント上昇、前月比で8.9ポイント上昇した。

地域別の発売戸数をみると、東京都区部が前年同月比42.1%減の420戸、都下が同73.4%減の45戸。神奈川県は同55.6%減の136戸。埼玉県は同39.3%減の74戸、千葉県は同88.8%減の11戸となっている。首都圏における、東京都全体の販売シェアは67.8%だった。

また、新規に発売された物件のうち、20階以上の超高層マンションは2物件156戸。超高層マンションの契約率は、93.6%となっている。

マンション
マンション平均価格は6216万円
1戸当たりの平均価格は、前年同月比5.4%上昇の6216万円。平米当たり単価も同9.6%上昇し、102万円だった。

即日完売物件はなし。発売された物件のうちフラット35登録物件数は、全体の92.1%に当たる632戸となっている。

なお、2020年5月の発売戸数は、500戸の見込みである。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社不動産経済研究所のプレスリリース
https://www.fudousankeizai.co.jp/


Amazon.co.jp : マンション に関連する商品
  • 新生銀行、新サービス「ステップダウン住宅ローン(dポイント付)」提供開始(7月4日)
  • 不動産投資CF「CREAL」の「両国駅前ビルファンド」、開始1時間で満額調達完了(7月4日)
  • フラット35最低金利、3か月振りに上昇-住宅金融支援機構(7月4日)
  • 築年数の上積みが進み、下落基調。東急池上線の駅別中古マンション価格(7月2日)
  • 「晴」、14地域から8地域へ減少。2020年5月度「中古マンション天気図」(7月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->