不動産投資ニュース.com
2020年08月09日(日)
 不動産投資ニュース.com

大阪ビジネス地区の空室率2か月連続で上昇-三鬼商事調べ

新着ニュース30件






























大阪ビジネス地区の空室率2か月連続で上昇-三鬼商事調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪ビジネス地区の平均空室率は2.46%
三鬼商事は7月9日、オフィスビルの動向を調査した「オフィスマーケット(6月データ)」を発表した。

このうち大阪ビジネス地区のオフィスマーケット動向をみると、平均空室率は2.46%。前月比で0.28ポイント上昇した。

6月は成約の動きがみられたものの、大型空室の募集のほか撤退や解約の影響で、空室面積が先月から約6000坪増加している。

6月時点の平均賃料は、前月比0.58%(69円)プラスの1万2026円となり、2か月連続で上昇した。

船場地区と新大阪地区で空室率が低下
主な地区の平均空室率は、次のとおりとなっている。

梅田地区は、前月比0.29ポイント上昇の1.68%。中小規模の解約が相次いだほか、成約の動きが少なかった。

淀屋橋・本町地区は、前月比0.44ポイント上昇の2.27%。大型成約がみられたものの、大型空室の募集が始まったことが空室率の上昇へとつながった。

船場地区は、前月比0.17ポイント低下の3.55%。解約が少なかった上に、大型空室の一部で成約が進んだ。

心斎橋・難波地区は、前月比1.40ポイント上昇の2.98%。成約数が少なく、解約も影響した。

新大阪地区は、前月比0.07ポイント低下の3.29%。解約の動きが小規模に止まったことが要因とみられる。


外部リンク

大阪ビジネス地区 | オフィスマーケット 6月データ | 三鬼商事株式会
https://www.e-miki.com/market/osaka/index.html


Amazon.co.jp : オフィス に関連する商品
  • ひめぎんWEB住宅ローン、セイコー「融資クラウドプラットフォーム」を採用(8月9日)
  • 不動産仲介業の景況感、コロナ禍で業況DI過去最低を記録-アットホーム調べ(8月8日)
  • 住宅着工数、5か月ぶりに増加-東京都(8月8日)
  • 東京・小規模オフィス賃料、最高値を更新-アットホーム調べ(8月7日)
  • 「フラット35」利用者の平均年齢は3年連続で上昇(8月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->