不動産投資ニュース.com
2020年08月08日(土)
 不動産投資ニュース.com

アパート経営のアイケンジャパン、2020年6月の「収益稼働率」が98.11%に到達

新着ニュース30件






























アパート経営のアイケンジャパン、2020年6月の「収益稼働率」が98.11%に到達

このエントリーをはてなブックマークに追加
経年で家賃収入がどれだけ減収していくかを数値化
株式会社アイケンジャパンは、2020年7月15日、同社のアパート経営事業において2020年6月末時点の「収益稼働率」が98.11%に到達したと発表した。

同社は、アパートの企画・販売などを手がける企業。「収益稼働率」は同社独自のアパート経営基準であり、経年で家賃収入がどれだけ減収していくかを数値化したものとなっている。

収益稼働率
工夫や信頼関係で高い入居率を維持
近年、資産形成の手段としてアパート経営に注目が集まるようになった。家賃収入は景気変動に左右されにくく、空室対策を怠らなければ安定した収入を得ることができる。また、ローン完済後には無担保の土地が手に入るという利点も持つ。生命保険の代わりになる点でも、メリットは大きい。

アイケンジャパンでは、厳選した土地・建物をセットにした企画・施工・販売に加えて、建物の管理までトータルにサポートする形で、アパート経営事業を展開している。家賃値下げによる入居率維持などを図らず、間取り・設備の工夫や信頼関係の構築によって高い入居率を維持。2020年6月末には、施工実績862棟、管理戸数6078戸を突破した。

築年数が経っても家賃の下落が少ないと自負
アイケンジャパンは、経営の新基準として「収益稼働率」を掲げている。この「収益稼働率」は、年間完全満室状態を100%と設定した上で、新築時のプランで提案された家賃収入が経年によりどれだけ減収していくかを集計したもの。

98.11%という結果からアイケンジャパンは、同社が経営するアパートは築年数が経っても家賃の下落が少ない傾向にあると、分析している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社アイケンジャパン
https://aikenjapan.jp/

アパート経営のアイケンジャパン、収益稼働率98.11%達成 - @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/218898


Amazon.co.jp : 収益稼働率 に関連する商品
  • 不動産仲介業の景況感、コロナ禍で業況DI過去最低を記録-アットホーム調べ(8月8日)
  • 住宅着工数、5か月ぶりに増加-東京都(8月8日)
  • 東京・小規模オフィス賃料、最高値を更新-アットホーム調べ(8月7日)
  • 「フラット35」利用者の平均年齢は3年連続で上昇(8月6日)
  • 【pickupニュース】東京都心Aクラスビル賃料の天井感は4万円-三幸エステート調べ(8月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->