不動産投資ニュース.com
2020年08月09日(日)
 不動産投資ニュース.com

首都圏賃貸居住用マンション、賃料全エリアで上昇

新着ニュース30件






























首都圏賃貸居住用マンション、賃料全エリアで上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
取引件数は2ケタ減
東日本不動産流通機構は7月17日、2020年4月~6月の「首都圏賃貸居住用物件の取引動向」を発表した。

これによると4月~6月の首都圏における賃貸居住用マンションの取引件数は、埼玉県が前年同期比27.5%減の1872件、千葉県は21.2%減の1561件。

東京23区は20.8%減の1万3469件、東京都他は15.4%減の1928件。横浜・川崎は22.3%減の2824件、神奈川県他は21.4%減の873件。

新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で、全エリアで2ケタ減と大幅に減少した。

東京23区の平均賃料は10万6000円
賃貸居住用マンションの平均賃料は、埼玉県が前年同期比1.5%上昇の6万9000円、千葉県は5.6%上昇の7万5000円。

東京23区は1.9%上昇の10万6000円、東京都他は1.4%上昇の7万5000円。

横浜・川崎は1.2%上昇の8万4000円、神奈川県他は7.8%増の6万9000円。

軒並みの上昇となった

賃貸居住用マンションの平米当たり単価は、埼玉県が前年同期比2.5%上昇の1717円、千葉県は1.3%上昇の1770円。

東京23区は3.2%上昇の3128円、東京都他は1.9%下落の1980円。
横浜・川崎は1.3%上昇の2311円、神奈川県他は3.5%上昇の1683円。

東京都他以外の全てのエリアで、価格が上昇している。


外部リンク

首都圏賃貸居住用物件の取引動向(2020年04~06月)- 公益財団法人 東日本不動産流通機構
http://www.reins.or.jp/pdf/trend/sc/sc_202004-06.pdf


Amazon.co.jp : マンション に関連する商品
  • ひめぎんWEB住宅ローン、セイコー「融資クラウドプラットフォーム」を採用(8月9日)
  • 不動産仲介業の景況感、コロナ禍で業況DI過去最低を記録-アットホーム調べ(8月8日)
  • 住宅着工数、5か月ぶりに増加-東京都(8月8日)
  • 東京・小規模オフィス賃料、最高値を更新-アットホーム調べ(8月7日)
  • 「フラット35」利用者の平均年齢は3年連続で上昇(8月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->