不動産投資ニュース.com
2020年09月26日(土)
 不動産投資ニュース.com

市場、徐々に動き始める。「中古マンション価格天気図」2020年7月度版

新着ニュース30件






























市場、徐々に動き始める。「中古マンション価格天気図」2020年7月度版

このエントリーをはてなブックマークに追加
上昇傾向は「晴」、下落傾向は「雨」
株式会社東京カンテイは、2020年8月31日、プレスリリース『中古マンション価格天気図』の2020年7月度版を発表した。

この「天気図」は、全国の中古マンション(ファミリータイプ)の流通事例価格を毎月集計し、その価格変動を天気マークで表示したもの。価格の上昇傾向を「晴」、足踏み傾向を「曇」、下落傾向を「雨」といった形で、表示は行われている。

中古マンション価格天気図
「晴」が9地域から11地域へと増加
2020年7月度の『中古マンション価格天気図』では、「晴」が9地域から11地域へと増加した。「薄日」は12地域のまま横ばいとなり、「曇」は15地域から13地域へと減少。「小雨」は7地域から8地域へと増加し、「雨」は4地域から3地域に減少している。

天候が改善を示した地域の数は、13地域から15地域に増加。横ばいは25地域から22地域へ減少し、悪化は9地域から10地域へと僅かに増加した。同社は、三大都市圏および地方中枢4都市で価格の上昇傾向が見られる点に注目。一方、東北地方と北陸甲信越地方では多くの地域が弱含みの傾向を示した点も、指摘している。

首都圏は平均で0.5%の上昇をマーク
『中古マンション価格天気図』の発表では、「天気」の元データとなった中古マンション70平米価格の推移も、明らかにされている。この推移によると、首都圏は平均で0.5%の上昇をマーク。近畿圏平均も0.3%、中部圏平均も0.4%、それぞれ上昇を果たした。

これらの動きから同社は、コロナ禍によって停滞していた中古マンション市場が、徐々に動き始めたと考察している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

2020年7月度 中古マンション価格天気図 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/WR202007.pdf


Amazon.co.jp : 中古マンション価格天気図 に関連する商品
  • レインズ、8月の成約件数2か月連続で増加(9月25日)
  • 東海のアパートメーカー・フィリックス、販売委託契約の締結を全国的に開始(9月25日)
  • 取引額に応じてキャッシュバック。CF「CREAL」、SBJ銀行とキャンペーン(9月25日)
  • 不動産投資CF「CREAL」、那覇でホテルを運用する第32号ファンドの受付開始(9月24日)
  • 不動産投資CF「Rimple」第7回ファンド、情報公開を開始(9月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->