不動産投資ニュース.com
2021年06月23日(水)
 不動産投資ニュース.com

東京主要5区の空室率、上昇傾向衰えず-ビルディンググループ調べ

新着ニュース30件






























東京主要5区の空室率、上昇傾向衰えず-ビルディンググループ調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京主要5区の空き室率0.18ポイント上昇
ビルディンググループは6月8日、2021年5月度の「全国6大都市圏 オフィスビル市況調査」を発表した。

これによると東京、名古屋、大阪、福岡で空室率が上昇している。ただ全体的な動向としては、大きな変化はみられなかった。

東京は新築の動きが少なく、既存ビルの成約及び解約が目立つ。東京主要5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)の平均空室率は、前月比0.18ポイント上昇の6.05%、12か月連続で上昇している。成約自体は増加しているものの、5,000坪クラスの大型二次空室などの募集がみられたのが要因とみられる。

平均推定成約賃料は、前月比64円下落の2万2,819円。2か月連続の下落となった。一部でオーナーによる条件の見直しがみられたこと、推定成約賃料の平均を上回る単価の成約が低下したことが要因と考えられる。

オフィス
大阪の空き室率は3.34%
名古屋エリアの平均空室率は、前月比0.97ポイント上昇の4.43%。平均推定成約賃料は、前月比195円上昇の1万3,127円だった。

大阪エリアの平均空室率は、前月比0.21ポイント上昇の3.34%。平均推定成約賃料は前月比14円下落の1万2,981円である。

福岡エリアの平均空室率は、前月比0.80ポイント上昇の3.91%。平均推定成約賃料は、前月比117円上昇の1万5,819円となっている。

札幌エリアの平均空室率は、前月比0.09ポイント下落の2.04%。平均推定成約賃料は、前月比168円下落の1万1,655円だった。

仙台エリアの平均空室率は、前月比0.29ポイント下落の5.75%。平均推定成約賃料は、前月比19円下落の1万2,028円である。

(画像は「2021年5月度調査レポート 全国6大都市圏オフィスビル市況調査」より)


外部リンク

2021年5月度調査レポート 全国6大都市圏オフィスビル市況調査 - ビルディンググループ
http://www.building.co.jp/


Amazon.co.jp : オフィス に関連する商品
  • 不動産賃貸管理システム「カクシンクラウド」、ジェイリースとAPI連携を開始(6月23日)
  • 首都圏新築マンション発売戸数、556.0%の大幅増-不動産経済研究所(6月22日)
  • 首都圏分譲マンション賃料、下落ながらも高水準を維持-東京カンテイ(6月21日)
  • 投資用不動産の収支実績管理ができる「Propally for Owners」、α版提供開始(6月21日)
  • オーナー向けアプリ「pocketpost owner」、所有物件情報の表示機能を追加(6月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->