不動産投資ニュース.com
2021年09月19日(日)
 不動産投資ニュース.com

アットホーム、2021年4月の賃貸マンション・アパート募集家賃動向を発表

新着ニュース30件






























アットホーム、2021年4月の賃貸マンション・アパート募集家賃動向を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
『アットホーム』のデータを対象として実施
アットホーム株式会社は、2021年4月における全国主要都市の賃貸マンション・アパート募集家賃動向を調査し、その結果概要を同年5月25日に発表した。

この調査は、不動産情報サイト『アットホーム』のデータを対象として実施されたもの。面積帯については、30平米以下を「シングル向き」、30平米~50平米以下を「カップル向き」、50平米~70平米以下を「ファミリー向き」、70平米超を「大型ファミリー向き」と分類している。

募集家賃動向
大型ファミリー向きマンションの上昇が顕著
今回の発表によると、2021年4月におけるマンションの平均募集家賃は、東京都下・神奈川県・埼玉県・千葉県の全面積帯において前年同月の数値を上回った。特に大型ファミリー向きマンションの上昇が顕著であり、全9エリア中8エリアで前年同月を上回り、神奈川県・千葉県・名古屋市・福岡市では2015年1月以降の最高値を更新している。

平均募集家賃の前年同月比上昇率について、「シングル向き」で最も高かったのはプラス2.2%の神奈川県だった。「カップル向き」ではプラス3.0%の千葉県が、「ファミリー向き」はプラス4.8%でまた千葉県が、そして「大型ファミリー向き」ではプラス14.7%で神奈川県が、それぞれトップの上昇率を示している。

アパート、首都圏の上昇が目立つ
2021年4月におけるアパートの平均募集家賃については、首都圏の上昇が目立つ結果となった。同圏では、5エリア全てのいずれの面積帯も、前年同月度を上回る数値をマークしている。

なお、「シングル向き」のアパートで最も高い前年同月比上昇率を示したのは、プラス7.3%の千葉県だった。

(画像はプレスリリースより)
「アットホーム調べ」


外部リンク

2021年4月 全国主要都市の「賃貸マンション・アパート」募集家賃動向 - アットホーム株式会社
https://athome-inc.jp/


Amazon.co.jp : 募集家賃動向 に関連する商品
  • 首都圏の分譲マンション賃料、前月と変わらず(9月17日)
  • 中古マンション価格、15か月連続で上昇(9月15日)
  • 都営地下鉄浅草線の駅別中古マンション価格、浅草橋駅以外が全て上昇(9月15日)
  • 東京・オフィス賃料、32か月ぶりに2万1000円台割れ-三鬼商事調べ(9月11日)
  • 2021年8月の新築木造一戸建て住宅の平均価格、首都圏が下落(9月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->