不動産投資ニュース.com
2021年09月19日(日)
 不動産投資ニュース.com

65歳以上の「4人に1人」が賃貸住宅で入居拒否の経験あり

新着ニュース30件






























65歳以上の「4人に1人」が賃貸住宅で入居拒否の経験あり

このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者の住宅難民問題についてR65が調査
R65は6月22日、「65歳以上が賃貸住宅を借りにくい問題」に関する調査結果を発表した。

調査対象は全国の65歳を超えて賃貸住宅の部屋探し経験がある444人と、20~30歳代の444人、計888人。調査期間は5月6日~5月14日である。

調査結果によると、65歳以上で部屋探しをした経験のある人のうち23.4%が、「賃貸住宅の入居を断られた」と回答している。このうち5回以上断られた人が13.4%存在した。

入居を断られた要因としては、年齢に加えて「保証人の有無」「収入」「健康度合い」などが考えられるが、4人に1人が入居を断られていることが明らかになった。

特に関東圏で断られる確率が高く、全国の約1.2倍、5回以上断られた割合も約1.3倍となっている。他エリアとの人口密度の差を考慮すると、関東圏で問題が深刻化していることがわかる。

住宅難民
72.7%が「社会課題として周知されるべき」と回答
「65歳以上が賃貸住宅を借りにくい、いわゆる『住宅難民問題』を知っているか」と尋ねたところ、「はい」と答えた割合は65歳以上が64.2%、30代は41.4%、20代は35.6%だった。

年齢が低くなるほど認知されていない傾向がみられ、65歳以上との認知度の差は、30代が22.8%、20代が28.6%。6割の20~30代が「住宅難民問題を知らない」結果となった。

「高齢者の住宅難民問題についてどう思うか」との問いには、63%が「年齢を理由に住まいを選択できないことはおかしい」、67.8%が「自分が65歳以上になったときのことを考えると不安に思う」と回答している。

その一方で、「高齢者の受け入れはリスクが伴うので仕方がないと思う」と回答した割合は、「どちらとも言えない」を含めると87.1%と高い。オーナーの立場から考えると同情する点も多く、“問題の複雑さ”を感じている人が多いようだ。

また、72.7%が「社会課題としてもっと周知されるべき」とも回答している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社R65のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000068855.html

R65不動産
https://r65.info/


Amazon.co.jp : 住宅難民 に関連する商品
  • 首都圏の分譲マンション賃料、前月と変わらず(9月17日)
  • 中古マンション価格、15か月連続で上昇(9月15日)
  • 都営地下鉄浅草線の駅別中古マンション価格、浅草橋駅以外が全て上昇(9月15日)
  • 東京・オフィス賃料、32か月ぶりに2万1000円台割れ-三鬼商事調べ(9月11日)
  • 2021年8月の新築木造一戸建て住宅の平均価格、首都圏が下落(9月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->