不動産投資ニュース.com
2021年10月20日(水)
 不動産投資ニュース.com

中古マンションの流通戸数2桁のマイナス

新着ニュース30件






























中古マンションの流通戸数2桁のマイナス

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京カンテイがマンション市場調査の結果を発表
東京カンテイは8月2日、全国の「新築・中古マンションの市場動向」を発表した。

全国の新築マンション供給戸数と中古マンションの流通戸数に関する調査で、四半期ごとに実施されている。

これによると、2021年の第2四半期(4月~6月)における国内のマンション市場総戸数は、前年同期比0.3%上昇の10万2,475戸。5期振りに前年同期を上回った。

マンション
新築は回復、中古は2桁減
内訳をみると、新築供給戸数は116.9%増加の2万122戸。大幅に増加しているが、これは2020年の第2四半期に供給戸数が激減した影響を受けての、イレギュラーな現象といえる。

しかしながら供給戸数自体はコロナ以前の2019年同期1万8,613戸を上回っており、新築マンション市場においては、コロナ禍による供給状況の影響を脱したといえそうだ。

その一方で、中古マンションの流通戸数は11.3%減少の8万2,353戸。2期連続で2桁マイナスとなった。減少率はやや縮小傾向にあるものの、全国的に前年同期比でマイナスを示している。

首都圏の前年同期比は、前期は21.6%のマイナス、今期は同13.0%のマイナス。近畿圏も前期は15.1%のマイナス、今期は10.6%のマイナス。ともに2桁減から脱し切れていない。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社東京カンテイのプレスリリース
https://www.kantei.ne.jp/


Amazon.co.jp : マンション に関連する商品
  • 首都圏の中古マンション成約価格、36期連続で上昇(10月20日)
  • 投資用不動産、全物件で価格が下落(10月18日)
  • 首都圏分譲マンション賃料、先月と横ばいで推移-東京カンテイ調べ(10月16日)
  • 中古マンション成約価格16か月連続で上昇-不動産流通推進センター調べ(10月15日)
  • 東京メトロ丸ノ内線、中野坂上駅の中古マンション価格が急上昇(10月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->