不動産投資ニュース.com
2021年11月28日(日)
 不動産投資ニュース.com

首都圏中心エリアの新築戸建価格、2017年以降最高額を記録

新着ニュース30件






























首都圏中心エリアの新築戸建価格、2017年以降最高額を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
首都圏の新築戸建て平均価格は4033万円
アットホームは9月28日、「首都圏における『新築戸建』の価格動向(2021年8月)」を発表した。

これによると8月の新築戸建の価格は、首都圏平均で1戸あたり4033万円。前月比で0.1%上昇している。

エリア別の平均価格をみると、東京23区が前年同月比7.7%上昇の5978万円。東京都下は同7.2%上昇の4260万円。

横浜市・川崎市は同6.6%上昇の4584万円。神奈川県他は同4.4%上昇の3910万円。

さいたま市は同11.6%上昇の4106万円。埼玉県他は同5.3%上昇の3330万円。

千葉県西部は同7.9%上昇の3769万円。千葉県他は同0.1%下落の2892万円。

千葉県他を除く全エリアで前年同月を上回っており、このうち6エリアで5%超の上昇を示した。

新築戸建
平均価格指数は8エリア中6エリアが2017年最高を記録
平均価格指数(2017年1月=100)は、東京23区が前年同月比7.6ポイント上昇の107.6、横浜市・川崎市は同6.5ポイント上昇の105.4、さいたま市は同12.2ポイント上昇の116.8、千葉県西部は同8.5ポイント上昇の115.6と、中心エリアで大きく上昇している。

これに対して、周辺エリアの東京都下は同7.1ポイント上昇の106.4、神奈川県他は同4.4ポイント上昇の106.6、埼玉県他は同5.4ポイント上昇の108.6、千葉県他は同0.1ポイント下落の111.2となり、上昇幅は小幅に留まった。

また全8エリアの内、東京都(23 区/都下)、横浜市・川崎市、埼玉県(さいたま市/他)、千葉県西部の6エリアが、2017年1月以降最高額を更新している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

アットホーム株式会社のプレスリリース
https://athome-inc.jp/


Amazon.co.jp : 新築戸建 に関連する商品
  • 賃貸仲介の景況感、前期比で悪化するも来期は改善の見通し(11月27日)
  • 2021年10月の東京23区、杉並区で新築マンション価格が大幅上昇(11月26日)
  • 最新オフィス市場は東京・大阪が賃料下落、福岡で賃料ピークに(11月26日)
  • 第3四半期地価、93%が前期と変わらず-国交省「地価LOOKレポート」(11月25日)
  • 東京メトロ南北線・飯田橋駅~赤羽岩淵駅間、西ヶ原駅が32.2%上昇(11月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->