不動産投資ニュース.com
2024年07月16日(火)
 不動産投資ニュース.com

【収益物件市場の最新動向】区分マンションと一棟アパートの価格上昇が顕著

新着ニュース30件






























【収益物件市場の最新動向】区分マンションと一棟アパートの価格上昇が顕著

このエントリーをはてなブックマークに追加
健美家が5月の収益物件市場動向を発表
不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社は6月3日、2024年5月期の「収益物件 市場動向 マンスリーレポート」を発表した。

同社が毎月、新規に登録された全国の住宅系収益不動産3種別(区分マンション/一棟アパート/ 一棟マンション)の表面利回りと物件価格を集計し、最新の市場傾向として取りまとめているレポートである。

収益物件
区分価格マンション価格4.64%上昇
レポートによると、5月期は、区分マンションと一棟アパートの価格上昇が目立つ結果となった。

【区分マンション】の表面利回りは、前期比0.06ポイント上昇し、6.93%である。物件価格は、同4.64%上昇し、2,030万円となった。2か月連続で上昇し、2,000万円台に乗った。

【一棟アパート】の表面利回りは、同0.12ポイント低下し、8.07%となった。物件価格は、同2.99%上昇し7,861万円。前期の下落から上昇へと転じた。

【一棟マンション】の表面利回りは、同0.04ポイント上昇の7.75%となった。物件価格は、同0.22%下落し、1億7,909万円。2か月連続で下落した。

(画像はプレスリリースより)
※調査データは、不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家(けんびや)調べ


外部リンク

健美家株式会社 プレスリリース
https://www.kenbiya.com/press/pre2024-06-03.html


Amazon.co.jp : 収益物件 に関連する商品
  • 首都圏中古マンション価格49か月連続で上昇中(7月15日)
  • 24年6月の東京都心ビル、空室率が5.15%にまで低下(7月15日)
  • 空き家所有者の売却・賃貸の条件は「費用」と「手間」(7月14日)
  • ケネディクス、国内初の賃貸戸建を投資対象とする不動産ST公募(7月14日)
  • 2024年6月の中古木造一戸建て住宅平均価格、首都圏と中部圏は反転上昇(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->