不動産投資ニュース.com
2024年07月23日(火)
 不動産投資ニュース.com

「月例新築マンション動向」、2024年4月における23区速報値を発表

新着ニュース30件






























「月例新築マンション動向」、2024年4月における23区速報値を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築分譲マンションの最新動向を伝える
株式会社マーキュリーリアルテックイノベーターは、2024年6月24日、プレスリリース『月例新築マンション動向(速報値)』の同年6月号を発表した。

『月例新築マンション動向』は、同社の独自調査による新築分譲マンションの最新動向を伝えるためのリリース。今回発表された6月号では、2024年4月の東京23区における分譲実績データを速報値として公開している。

月例新築マンション動向
2024年4月の東京23区では、千代田区がトップ
『月例新築マンション動向(速報値)』の2024年6月号では、同年4月の東京23区について行政区ごとに供給戸数/平均価格/平均面積/平均坪単価を算出し、また前年対比での価格変動なども明らかにしている。

この発表によると、同月に新築マンションの平均価格が23区中トップとなったのは、39599.0万円の千代田区だった。同区は、前年同月の価格が10200.7万円であり、上昇額は29398.3万円にまで到達。ただ供給戸数は、14戸から2戸へ減少している。

平均坪単価が最高値となったのは、1490.8万円の港区だ。同区は、平均面積も69.37平米から81.49平米に、供給戸数も11戸から39戸に、それぞれ拡大。平均価格も36748.7万円となり、千代田区に続いている。

顕著な価格低下を示したのは、新宿区
2024年4月の東京23区で顕著な価格低下を示したのは、新宿区だ。同区の平均価格は、前年同月の20575.2万円から11571.4万円に下落。平均坪単価は825.7万円から808.7万円への下落に留まったが、平均面積は82.4平米から47.30平米に、供給戸数は131戸から31戸に、それぞれ縮小した。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

『月例新築マンション動向(速報値)』2024年6月号発表 - 株式会社マーキュリーリアルテックイノベーター
https://mcury.jp/pressroom/2082/


Amazon.co.jp : 月例新築マンション動向 に関連する商品
  • 国内不動産市場における金利上昇影響は?(7月22日)
  • 神奈川・埼玉・千葉の新築マンション価格、横浜市中区は東京23区並み!?-LIFULL HOME'S調査(7月22日)
  • 不動産売却経験者の8割が「不動産売却に成功した」(7月21日)
  • 不動産投資の楽待が不動産会社の審査とペナルティ制度の運用結果を公表(7月21日)
  • ANAファシリティーズ、AM事業へ進出開始(7月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->