不動産投資ニュース.com
2024年07月16日(火)
 不動産投資ニュース.com

新横浜線開業前後で価格・家賃が上昇した相鉄線の駅ランキング

新着ニュース30件






























新横浜線開業前後で価格・家賃が上昇した相鉄線の駅ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
相鉄線各駅を最寄り駅とする物件の価格・家賃を2022年と比較
2024年6月18日、アットホーム株式会社は、相鉄線の駅の中で、2022年と比較して価格・家賃が上昇した駅のランキングを発表した。

アットホーム
2023年3月の新横浜線開業により都心へのアクセスが向上した相鉄本線・相鉄いずみ野線・相鉄新横浜線の各駅を最寄り駅としてアットホームに登録・公開された物件の中で、開業前と比較して上昇率が高い順にランキングしたものだ。

「羽沢横浜国大駅」が新築戸建てとファミリー向け賃貸でトップ5にランクイン
新築戸建てにおける平均価格の上昇率が最も高かったのは、2022年比19.5%増のいずみの線「弥生台駅」だった。路線別平均でもっとも上昇したのは新横浜線の2022年比12.8%増だった。

中古マンション(50~100平米・一戸あたり)の平均価格上昇率では、2022年比39.5%増で相鉄本線の「平沼橋駅」が1位にランクイン。

アットホーム
2022年1~3月と2024年1~3月を比較した家賃上昇率ランキングでは、シングル向き(30平米以下)の1位に相鉄本線の「三ツ境駅」(2022年比25.5%増)がランクイン。

ファミリー向け(50~70平米)の1位は相鉄本線の「いずみ野駅」(2022年比53.2%増)、2位には開業した新横浜線の「羽沢横浜国大駅」(2022年比50.9%増)が入った。「羽沢横浜国大駅」は、新築戸建て上昇率の5位にもランクインしている。

(画像はプレスリリースより)
(アットホーム調べ)


外部リンク

アットホーム株式会社のプレスリリース
https://athome-inc.jp/


Amazon.co.jp : アットホーム に関連する商品
  • 首都圏中古マンション価格49か月連続で上昇中(7月15日)
  • 24年6月の東京都心ビル、空室率が5.15%にまで低下(7月15日)
  • 空き家所有者の売却・賃貸の条件は「費用」と「手間」(7月14日)
  • ケネディクス、国内初の賃貸戸建を投資対象とする不動産ST公募(7月14日)
  • 2024年6月の中古木造一戸建て住宅平均価格、首都圏と中部圏は反転上昇(7月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->