不動産投資ニュース.com
2024年07月23日(火)
 不動産投資ニュース.com

【フラット35】7月の金利、3か月ぶりの低下

新着ニュース30件






























【フラット35】7月の金利、3か月ぶりの低下

このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅金融支援機構が最新の融資金利情報を公表
住宅金融支援機構は7月1日、2024年7月時点におけるフラット35などの借入金利を発表した。

フラット35
【フラット35】最低金利は年1.840%
7月時点における【フラット35】(借入期間が21年以上35年以下の固定金利ローン)の金利は、以下の通りだった。

融資率9割以下は、年1.840%~年3.450%。最低金利は前月の1.850%から0.010ポイント引き上げられ、3か月振りに低下した。取扱金融機関が提供する最も多い金利は、年1.840%である。

融資率9割超の金利は、年1.950%~年3.560%。取扱金融機関が提供する最も多い金利は、1.950%となっている。

【フラット20】最低金利は年1.450%
【フラット20】(借入期間が20年以下の固定金利ローン)の金利は、融資率9割以下が年1.450%~年3.060%。取扱金融機関が提供する最も多い金利は、年1.450%である。

融資率9割超の金利は、年1.560%~年3.170%。年1.560%で取り扱う金融機関が最も多い。

【フラット50】最低金利は年1.940%
長期優良住宅の認定を受けた住宅の購入で、借入期間が36年~50年の固定金利ローン【フラット50】の7月時点の金利は、融資率9割以下が年1.940%~年2.410%。取扱金融機関が提供する最も多い金利は、年1.940%である。

融資率が9割超は、2.050%~年2.520%。取扱金融機関が提供する最も多い金利は、年2.050%となっている。

(画像は、「【フラット35】借入金利の推移」より)


外部リンク

最新の金利情報:長期固定住宅ローン【フラット35】 - 独立行政法人住宅金融支援機構
https://www.simulation.jhf.go.jp/

Amazon.co.jp : フラット35 に関連する商品
  • 国内不動産市場における金利上昇影響は?(7月22日)
  • 神奈川・埼玉・千葉の新築マンション価格、横浜市中区は東京23区並み!?-LIFULL HOME'S調査(7月22日)
  • 不動産売却経験者の8割が「不動産売却に成功した」(7月21日)
  • 不動産投資の楽待が不動産会社の審査とペナルティ制度の運用結果を公表(7月21日)
  • ANAファシリティーズ、AM事業へ進出開始(7月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->