不動産投資ニュース.com
2024年07月23日(火)
 不動産投資ニュース.com

FPG、国内不動産ファンド事業の累計販売額が2000億円を突破

新着ニュース30件






























FPG、国内不動産ファンド事業の累計販売額が2000億円を突破

このエントリーをはてなブックマークに追加
1000万円から投資可能な商品を都心などで展開
株式会社FPGは、2024年7月4日、同社の国内不動産ファンド事業における累計販売額が2000億円を突破したと発表した。

同社は不動産小口化商品のリーディングカンパニーとして、1000万円から投資可能な商品を都心などで展開している企業。今回の発表によると、同社は不動産小口化商品および開発案件の累計販売額が、同年6月末日をもって2000億円を突破するに至っている。

ファンド
ファンドの組成と販売を加速していたFPG
同社は2001年の設立以来、リースファンド事業から海外不動産ファンド事業/M&A事業などへ事業を拡大しており、中でも国内不動産ファンド事業は第2の柱として注力。顧客の資産運用/資産承継ニーズに応える形で、安定的な運用収益を見込める商品を開発/提供している。

国内不動産ファンド事業で同社は、一等地の不動産に1000万円から投資できる商品を展開し、高い評価を獲得。需要に応える形で、「FPGリンクス新橋」「GINZA SIX」「FPGリンクス神戸元町」といった不動産を積極的に取得し、ファンドの組成と販売を加速していた。

より多くの不動産投資の機会を提供
国内不動産ファンド事業の累計販売額が2000億円を突破した同社だが、今後も一等地の不動産の積極的な取得は継続する。2024年6月24日には、同社にとって過去最大規模の案件となる「六本木ヒルズ森タワー」を組成。同商品の販売も、同年7月4日に開始している。

同社は今後も、より多くの不動産投資の機会を顧客に向けて提供することにより、国内不動産ファンド事業のさらなる発展を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

国内不動産ファンド事業の累計販売額2000億円突破に関するお知らせ - 株式会社FPG
https://ssl4.eir-parts.net/doc/7148/tdnet/2470947/00.pdf


Amazon.co.jp : ファンド に関連する商品
  • 国内不動産市場における金利上昇影響は?(7月22日)
  • 神奈川・埼玉・千葉の新築マンション価格、横浜市中区は東京23区並み!?-LIFULL HOME'S調査(7月22日)
  • 不動産売却経験者の8割が「不動産売却に成功した」(7月21日)
  • 不動産投資の楽待が不動産会社の審査とペナルティ制度の運用結果を公表(7月21日)
  • ANAファシリティーズ、AM事業へ進出開始(7月20日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->