不動産投資ニュース.com
2023年12月08日(金)
 不動産投資ニュース.com

首都圏の中古マンション価格は前月比-0.2%、5か月連続で下落

新着ニュース30件






























首都圏の中古マンション価格は前月比-0.2%、5か月連続で下落

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月首都圏の中古マンション平均価格は3,870万円
アットホームは10月26日、「2023年9月 首都圏における『中古マンション』の価格動向」を発表した。

不動産情報サイト「アットホーム」にて、消費者向けに登録・公開された中古マンションを対象に、価格動向を調査したもの。

これによると、9月における首都圏の1戸あたり平均価格は、前月比0.2%マイナスの3,870万円だった。5か月連続で下落している。

中古マンション
東京23区、横浜市・川崎市、千葉県他は過去最高額
エリア別の1戸あたり平均価格は以下の通りである。

東京23区は同0.1%上昇の4,980万円、東京都下は同0.8%上昇の3,198万円。

横浜・川崎市は同0.9%上昇の3,408万円、神奈川県他は同0.7%下落の2,616万円。

さいたま市は同0.6%下落の3,497万円、埼玉県他は同0.5%下落の2,540万円。

千葉県西部は同0.4%下落の2,944万円、千葉県他は同0.7%上昇の2,067万円。

東京23区、横浜市・川崎市、千葉県他の3エリアが2017年1月以降最高額を更新し、その中でも東京23区では4か月連続、千葉県他は5か月連続で上昇している。

その一方で、千葉県西部は5か月連続、埼玉県他は8か月連続で下落または横ばいで推移しており、エリアによって価格動向に違いがあった。

なお、前年同月比では埼玉県他が2020年8月以来、37か月ぶりに前年同月を下回った。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

アットホーム株式会社のプレスリリース
https://athome-inc.jp/

Amazon.co.jp : 中古マンション に関連する商品
  • アフターコロナで出社頻度増加も郊外・地方への移住ニーズは堅調(12月8日)
  • 不動産投資ポータル「ファインディングファンド」のクチコミ数が500件を突破(12月7日)
  • 不動産投資の成功者が参考にするのはSNSではなく「不動産会社のHP」(12月6日)
  • 建物点検アプリ「きろくん」活用の業務提携で賃貸管理会社の人手不足を解消(12月6日)
  • トラブル経験者304人に聞いた「賃貸物件退去時のトラブルに関する意識調査」(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->