不動産投資ニュース.com
2024年07月13日(土)
 不動産投資ニュース.com

「賃貸経営マップ」、公示・基準地価の過去データが確認可能になるアップデート

新着ニュース30件






























「賃貸経営マップ」、公示・基準地価の過去データが確認可能になるアップデート

このエントリーをはてなブックマークに追加
過去6年分の公示・基準地価データが見られる
2023年11月11日、株式会社ファーストロジック(以下、ファーストロジック)は、運営する不動産投資プラットフォーム「楽待」の人気機能「賃貸経営マップ」のアップデートについて発表した。

賃貸経営マップ
これまで「公示・基準地価」を閲覧できるのは最新データだけだったが、アップデートによりWeb版のみ過去6年分のデータが閲覧が可能となった。

今後は「空室率」についても過去データが閲覧可能に
ファーストロジックが提供する「賃貸経営マップ」は、不動産投資に必要な「公示・基準地価」「路線価」「空室率」「人口・世帯数」「利回り」「洪水ハザードマップ」「土砂災害ハザードマップ」の7項目を地図上で一括確認できる機能だ。

賃貸経営マップ
今回のアップデートにより、不動産取引の参考価格である「公示・基準地価」の閲覧機能は、最新データのみならず過去6年分のデータの閲覧が可能となる。

気になったエリアにおいて、「公示・基準地価」が6年前から現在までの変化を地図上で簡単に確認できる。

「賃貸経営マップ」の表示では、前年より上昇した地点は赤色、下落した地点は緑色、横ばいや最新のデータしかない地点は黒色で表示され、視覚的にも推移が分かりやすくなっている。

また今後は「空室率」についても、エリアごとの過去データを閲覧できるようにする予定だとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ファーストロジックのプレスリリース
https://www.firstlogic.co.jp/20231027/
Amazon.co.jp : 賃貸経営マップ に関連する商品
  • 2024年6月の中古木造一戸建て住宅平均価格、首都圏と中部圏は反転上昇(7月13日)
  • 東京カンテイが2024年6月度新築一戸建て平均価格を発表、首都圏は上昇へ(7月13日)
  • ファーストロジックが2024年4~6月期の投資用不動産市場調査の結果を公表(7月13日)
  • アットホームによる「住まい探しと防犯意識の実態調査」(7月13日)
  • GDBLが電力データ活用の物件見守りサービス「らくもり」を発表(7月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->