不動産投資ニュース.com
2024年03月02日(土)
 不動産投資ニュース.com

8月首都圏新築マンションの平均価格18.6%上昇-マーキュリー調べ

新着ニュース30件






























8月首都圏新築マンションの平均価格18.6%上昇-マーキュリー調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加
マーキュリーが月例新築マンション動向を発表
マーキュリーリアルテックイノベーターは11月9日、「月例新築マンション動向 2023年11月号」を発表した。新築分譲マンションの2023年8月度の実績データを独自調査したものである。

これによると2023年8月度における首都圏の供給戸数は、前年同月比7.5%減の1387戸だった。平均坪単価は同13.2%上昇の344万6,000円。平均価格は同18.6%上昇の6,645万円となっている。

新築マンション
各エリアの新築マンション市場動向
各エリアの状況は、以下の通りである。

東京23区の供給戸数は、前年同月比15.0%減の635戸。平均坪単価は同16.3%上昇の467万9,000円。平均価格は同14.1%上昇の8,435万円となった。

東京都下の供給戸数は、同75.0%増の154戸。平均坪単価は同8.9%上昇の338万6,000円。平均価格は同11.3%上昇の6,921万円だった。

横浜市・川崎市の供給戸数は、同10.9%増の213戸。平均坪単価は同20.9%上昇の347万3,000円。平均価格は同45.8%上昇の3,875万円である。

神奈川県下の供給戸数は、同14.7%減の122戸。平均坪単価は同15.0%上昇の233万7,000円。平均価格は同6.2%上昇の4,477万円だった。

埼玉県の供給戸数は、同2.9%増の175戸。平均坪単価は同5.5%上昇の249万8,000円。平均価格は同36.8%上昇の5,037万円。

千葉県の供給戸数は、同45.0%減の88戸。平均坪単価は同8.0%上昇の221万1,000円。平均価格は同9.4%上昇の4,735万円となっている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社マーキュリーのプレスリリース
https://mcury.jp/pressroom/1881/

Amazon.co.jp : 新築マンション に関連する商品
  • 「インターネット無料」は賃貸選びにおいて重要かの調査(3月2日)
  • 複数の不動産会社を検討した人の半数近くが「担当者の対応」重視(3月1日)
  • 2024年1月の東京23区、港区で新築マンションの価格が大幅上昇(3月1日)
  • 不動産売買、成約価格が査定額を上回った例が約6割(2月29日)
  • 2024年1月版、全国主要都市における賃貸住宅募集家賃動向調査(2月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->