不動産投資ニュース.com
2024年07月13日(土)
 不動産投資ニュース.com

町丁目の粒度で周辺物件の設備情報を分析して空室改善するソリューション

新着ニュース30件






























町丁目の粒度で周辺物件の設備情報を分析して空室改善するソリューション

このエントリーをはてなブックマークに追加
周辺の物件と比べて足りない設備がわかる
2023年11月14日、エステートテクノロジーズ株式会社(以下、エステートテクノロジーズ)は、町丁目までの粒度で周辺エリアのマンションの設備データを分析するソリューションの提供を開始した。

エステートテクノロジーズ
リフォーム・設備追加により空室率を改善したい物件オーナーにとって必要な、周辺の物件と比べて足りない設備に関する統計データを確認できる。

セットでAI査定価格の提供も可能
エステートテクノロジーズが提供するソリューションは、平米数・築年数・間取りなどの項目を指定するだけで、該当物件の周辺エリアにおける設備設置状況の傾向や統計データの出力を行うものだ。

エリアは町丁目ごとの細かな粒度で分析が可能で、平米数・築年数・間取りなどの項目の設定により該当物件と類似した物件のみと比較することもできる。

これにより周辺の物件の傾向と比較し、足りない設備の追加やリフォームをする際の検討材料にできる。

また築年数・リフォーム状況・類似物件の最新取引情報などを分析した上で、設備分析とセットで売買・賃料のAI査定価格の提供も可能としている。

現在、査定可能な物件数は一都三県(東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県)の15万件で、エステートテクノロジーズでは精度を維持しながら査定対象を拡大する意向だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

エステートテクノロジーズ株式会社のプレスリリース
https://www.estate-tech.co.jp/news/29430/
Amazon.co.jp : エステートテクノロジーズ に関連する商品
  • 2024年6月の中古木造一戸建て住宅平均価格、首都圏と中部圏は反転上昇(7月13日)
  • 東京カンテイが2024年6月度新築一戸建て平均価格を発表、首都圏は上昇へ(7月13日)
  • ファーストロジックが2024年4~6月期の投資用不動産市場調査の結果を公表(7月13日)
  • アットホームによる「住まい探しと防犯意識の実態調査」(7月13日)
  • GDBLが電力データ活用の物件見守りサービス「らくもり」を発表(7月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->