不動産投資ニュース.com
2024年05月22日(水)
 不動産投資ニュース.com

相鉄いずみ野線の駅別中古マンション価格、緑園都市駅が湘南台駅を抜く

新着ニュース30件






























相鉄いずみ野線の駅別中古マンション価格、緑園都市駅が湘南台駅を抜く

このエントリーをはてなブックマークに追加
駅エリアごとの平均坪単価として算出
株式会社東京カンテイは、2024年2月6日、相鉄いずみ野線の駅別中古マンション価格を発表した。

ここでの「価格」は、同社のデータベースに登録された中古マンション(ファミリータイプ)の売り希望価格をもとに、同路線における駅エリアごとの平均坪単価として算出されたもの。現状価格の集計は、2023年8月から10月までの3ヵ月間に実施されている。

相鉄いずみ野線
順調な価格上昇を続ける緑園都市駅
今回の発表によると、相鉄いずみ野線(二俣川駅~湘南台駅)において中古マンションの平均坪単価が最高値となったのは、165万円の緑園都市駅だった。同駅エリアは前々年から順調な価格上昇を続けており、今期はそれまでトップであった湘南台駅を抜いて首位の座を獲得するに至っている。

その湘南台駅は、築古物件の事例増によって前期の180万円から160万円へ下落し、下落幅は2桁に達した。一方で南万騎が原駅は今期、2桁の反転上昇を達成。前期から続く事例数増加によって築浅化が進み、114万円から145万円の大幅上昇を果たしている。

二俣川駅の上昇傾向、一段落
上昇傾向が一段落したエリアとして同社は、二俣川駅に注目。同駅エリアは、前期に8.7%の上昇により価格が123万円に達したが、今期は123万円に下落。同社は同駅エリアについて、事例が同路線中で最多であると共に増加が続いており、築古物件も多いことを指摘している。

なお同路線全域における中古マンションの平均坪単価は、138万円となった。前期と比較すると、3万円の下落となっている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

駅別中古マンション価格/相鉄いずみ野線 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/wayside_station/1288


Amazon.co.jp : 相鉄いずみ野線 に関連する商品
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(ファミリー編)」公表(5月21日)
  • 住みたい街の特徴第1位「買い物に困らない」(5月20日)
  • 23年度Q4の賃貸マンション市場、大勢が拡大期との見方(5月20日)
  • 三大都市圏 分譲マンション賃料 6ヶ月連続上昇、近畿圏は4ヶ月連続上昇(5月18日)
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(シングル編)」を公表(5月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->