不動産投資ニュース.com
2024年05月22日(水)
 不動産投資ニュース.com

複数の不動産会社を検討した人の半数近くが「担当者の対応」重視

新着ニュース30件






























複数の不動産会社を検討した人の半数近くが「担当者の対応」重視

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産売却時の実態に関する調査
株式会社赤鹿地所は2月28日、不動産売却時の実態に関する調査結果を発表した。

不動産売却をしようと検討し始めた理由について、第1位「住替え」(47.6%)、第2位「相続したが使う予定がない」(20.0%)、第3位「維持管理が難しい」(12.9%)となった。

不動産売却
「2社以上不動産会社を回った」約半数
売却をする際、どのように不動産会社を探したか聞いたところ、最多の回答は「近くの不動産会社」(47.3%)だった。以下、「インターネット」(33.1%)、「友人や知人の紹介」(19.6%)と続く。

何社くらい不動産会社を回ったかについて、「2社~3社」(50.2%)と回答した人が最も多く、次いで「1社」(38.3%)という結果になった。

複数の不動産会社を比較したポイントを聞いたところ、第1位「査定金額」(64.0%)、第2位「担当者の対応」(55.6%)、第3位「要望をしっかりと聞いてくれるか」(53.5%)。

複数の相見積もりを比較して、実際に売却した不動産会社を選んだ決め手を聞いた。すると第1位「担当者の対応がよかったから」(47.0%)、第2位「金額が一番高かったから」(42.5%)、第3位「サポートが充実していたから」(30.0%)という結果になった。

「売却に満足」約8割
売却に満足しているかと尋ねたところ、「とても満足している」(25.7%)、「やや満足している」(57.8%)という結果に。

売却中の困ったことについて質問したところ、「不動産会社とのやり取りに時間がとられる」(34.6%)、「手続きが複雑で手間取った」(28.3%)、「内覧の日程調整などの手間がかかった」(27.8%)などが挙がった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社赤鹿地所 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000079213.html


Amazon.co.jp : 不動産売却 に関連する商品
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(ファミリー編)」公表(5月21日)
  • 住みたい街の特徴第1位「買い物に困らない」(5月20日)
  • 23年度Q4の賃貸マンション市場、大勢が拡大期との見方(5月20日)
  • 三大都市圏 分譲マンション賃料 6ヶ月連続上昇、近畿圏は4ヶ月連続上昇(5月18日)
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(シングル編)」を公表(5月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->