不動産投資ニュース.com
2024年05月22日(水)
 不動産投資ニュース.com

3月東京オフィスビル空室率、5%台半ばに

新着ニュース30件






























3月東京オフィスビル空室率、5%台半ばに

このエントリーをはてなブックマークに追加
三鬼商事が3月のオフィスビル市況を発表
三鬼商事は4月11日、2024年3月時点の「オフィスマーケット」を発表した。

全国主要都市のビジネス地区における、最新のオフィスビル市況データである。

東京ビジネス地区の空室率は5.47%
3月における東京ビジネス地区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の市場動向は、以下のように推移した。

平均空室率は、前月比0.39ポイント低下の5.47%だった。自社ビルや新築ビルへの移転による大型募集が見られた反面、大規模ビルでの大型空室が成約し、空室面積はこの1か月間で約3万1,000坪減少した。

新築ビルのみの空室率は、前月比0.76ポイント低下の23.68%。既存ビルのみの空室率は、前月比0.37ポイント低下の5.06%である。

平均賃料は、前月比0.22%(44円)下落の1万9,820円である。

大阪ビジネス地区の空室率は4.77%
3月における大阪ビジネス地区(梅田、南森町、淀屋橋・本町、船場、心斎橋・難波、新大阪)の市場動向は、以下の通りである。

平均空室率は、前月比0.42ポイント低下の4.77%だった。中小規模の成約が見られたが、大規模ビル1棟が募集面積を残して竣工したことに加え、自社ビルへの移転や縮小に伴う解約の影響が大きく、空室面積はこの1か月間で約1万坪増加した。

3月時点の平均賃料は前月比で0.23%(27円)上昇の、1万2,017円となっている。


外部リンク

オフィスマーケット | 三鬼商事株式会社
https://www.e-miki.com/

Amazon.co.jp : オフィスビル に関連する商品
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(ファミリー編)」公表(5月21日)
  • 住みたい街の特徴第1位「買い物に困らない」(5月20日)
  • 23年度Q4の賃貸マンション市場、大勢が拡大期との見方(5月20日)
  • 三大都市圏 分譲マンション賃料 6ヶ月連続上昇、近畿圏は4ヶ月連続上昇(5月18日)
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(シングル編)」を公表(5月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->