不動産投資ニュース.com
2024年05月22日(水)
 不動産投資ニュース.com

首都圏マンション平米単価、12か月連続の上昇

新着ニュース30件






























首都圏マンション平米単価、12か月連続の上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年2月の首都圏新築分譲マンション市場動向
不動産経済研究所は3月21日、「首都圏新築分譲マンション市場動向2024年2月」を発表した。

発表によると、2月の首都圏における新築分譲マンションの発売戸数は、前年同月比で27.6%減少し、1,319戸となった。3か月ぶりの減少である。

1戸当たりの平均価格は、同5.1%上昇の7,122万円。4か月連続で上昇した。

1平方メートル単価も同6.9%上昇し、108万4,000円となった。こちらは12か月連続の上昇である。

即日完売となった物件は、東京都港区の「ジオグランデ白金台」(2期7戸、平均倍率4.4倍、最高倍率12倍)、埼玉県八潮市の「ガーラ・レジデンス八潮」1期1次、27戸(平均倍率1.3倍、最高倍率3倍)など、5物件44戸だった。

新築マンション
地域別の価格動向
地域別の1戸当たり平均価格は、以下の通りである。

東京23区は、前年同月比1.0%上昇の9,110万円。東京都下は、同15.4%上昇の5,816万円。

神奈川県は、同20.6%上昇の6,096万円。埼玉県は、同7.0%上昇の5,066万円。千葉県は、同14.9%上昇の5,079万円。

地域別の1平方メートル単価は、以下の通りである。

東京23区は同8.6%上昇の144.8万円。東京都下は、同6.9%上昇の84.7万円。

神奈川県は、同22.4%上昇の91.1万円。埼玉県は、同9.1%上昇の80.0万円。千葉県は、同11.7%上昇の71.8万円。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社不動産経済研究所のプレスリリース
https://www.fudousankeizai.co.jp/


Amazon.co.jp : 新築マンション に関連する商品
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(ファミリー編)」公表(5月21日)
  • 住みたい街の特徴第1位「買い物に困らない」(5月20日)
  • 23年度Q4の賃貸マンション市場、大勢が拡大期との見方(5月20日)
  • 三大都市圏 分譲マンション賃料 6ヶ月連続上昇、近畿圏は4ヶ月連続上昇(5月18日)
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(シングル編)」を公表(5月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->