不動産投資ニュース.com
2024年05月22日(水)
 不動産投資ニュース.com

2024年の「環境に配慮した住まいにおすすめの条件・設備」ランキング発表

新着ニュース30件






























2024年の「環境に配慮した住まいにおすすめの条件・設備」ランキング発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産のプロが選ぶ環境に配慮したおすすめの条件・設備
2024年4月2日、不動産情報サービスを手掛けるアットホーム株式会社は、『「環境に配慮した住まいにおすすめの条件・設備 2024」ランキング』を発表した。

2024年4月開始の「建築物省エネ法に基づく建築物の販売・賃貸時の省エネ性能表示制度」を受け、全国のアットホーム加盟店を対象にしたアンケート調査の結果を集計したものだ。

環境に配慮したおすすめの条件・設備の1位は「複層ガラス」
「環境に配慮した住まいにおすすめの条件・設備は何ですか?(複数回答)」との質問に対し、最も多い回答は外気の遮断により冷暖房の削減につながる「複層ガラス(58.2%)」だった。

アットホーム
2位は「節水トイレ(36.5%)」で、回答した人からは「10年前と比較し大幅に節水効果がある」との声があった。3位は「太陽光発電システム(35.5%)」で、需要が続いており問い合わせが増えているということだ。

4位以下は「共用部などでのLED照明の設置(35.0%)」「節水・節湯水栓(29.3%)」「高効率給湯器(27.1%)」と続いた。

アットホーム
また、「環境に配慮した住まいを探す人は1年前と比べて増えていますか?」との質問に対して「はい」と回答した割合は26.3%、「お客さまから物件の省エネ性能について質問を受けたことはありますか?」は23.1%という結果だった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

アットホーム株式会社のプレスリリース
https://athome-inc.jp/
Amazon.co.jp : アットホーム に関連する商品
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(ファミリー編)」公表(5月21日)
  • 住みたい街の特徴第1位「買い物に困らない」(5月20日)
  • 23年度Q4の賃貸マンション市場、大勢が拡大期との見方(5月20日)
  • 三大都市圏 分譲マンション賃料 6ヶ月連続上昇、近畿圏は4ヶ月連続上昇(5月18日)
  • 一都三県の「人気の上がった駅ランキング(シングル編)」を公表(5月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->