不動産投資ニュース.com
2024年06月21日(金)
 不動産投資ニュース.com

超高層マンション供給は拡大傾向、前年比1.5万戸増

新着ニュース30件






























超高層マンション供給は拡大傾向、前年比1.5万戸増

このエントリーをはてなブックマークに追加
2026年の供給数は2.5万戸増に
株式会社不動産経済研究所は5月8日、「超高層マンション 2024」を発表した。

これによると、3月末時点で判明している2024年以降に完成予定の超高層マンションは、全国で321棟・11万1,645戸。前回調査時(2023年3月末時点)と比べて、93棟・1万5,161戸増加した。

2023年から竣工がずれ込んだプロジェクトも含め、国内の供給戸数は1万5,000戸以上拡大した。今後も、東京都心や湾岸地域だけでなく、各地方の主要都市においても大規模プロジェクトが相次いで予定されている。このことから、2025年には約1万4,000戸、2026年には約2万5,000戸の完成が見込まれている。

超高層マンション
超高層マンションの東京都シェア73.5%
エリア別の完成予定状況をみると、首都圏が194棟・8万2,114戸で、前年比で50棟・7,682万戸増加している。全国に占めるシェアは73.5%(前回77.1%)である。

このうち東京23区内は130棟・5万4,904戸で、全体の49.2%(前回54.7%)を占める。

近畿圏は、43棟・1万3,472戸だった。前年比で棟数は6棟増加したが、戸数は75戸減少した。近畿圏のシェアは12.1%(前回14.0%)である。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社 不動産経済研究所のプレスリリース
https://www.fudousankeizai.co.jp/

Amazon.co.jp : 超高層マンション に関連する商品
  • 首都圏分譲マンション平均価格、7,486万円(6月21日)
  • 新横浜線開業前後で価格・家賃が上昇した相鉄線の駅ランキング(6月20日)
  • 日本ハウスHD、買取再販事業などに新規参入(6月20日)
  • 民泊投資をしたオーナーの7割が「期待した投資対効果が得られている」(6月19日)
  • 賃貸の入居者に紹介できるサービスの「不動産アライアンスカタログ」をリリース(6月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->