不動産投資ニュース.com
2024年06月21日(金)
 不動産投資ニュース.com

マンションリサーチ、埼玉県/千葉県/神奈川県の中古マンション価格下落を調査

新着ニュース30件






























マンションリサーチ、埼玉県/千葉県/神奈川県の中古マンション価格下落を調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
「マンション価格が高騰している」のは本当か
マンションリサーチ株式会社は、埼玉県/千葉県/神奈川県の中古分譲マンションについて価格下落に関する調査を実施し、その結果概要を2024年5月2日に発表した。

同社は、 不動産情報サイトの運営などを手がける企業。今回の調査では、3県の中古マンション約8700棟を対象として価格が下落した物件の増減を調べ、「マンション価格が高騰している」という現在の論調が事実かどうかを探っている。

中古マンション
埼玉県/千葉県/神奈川県の8700棟を調査
同調査では、埼玉県/千葉県/神奈川県に立地する8700棟の中古分譲マンション(新耐震物件/築1983年以降/40平米以上/実需)を対象として実施された。2022年と比較して2023年に価格が下落した物件の数を3県で調べ、その増減から中古マンション価格の実際の動きを明らかにしている。

調査の結果、2022年から2023年にかけて価格が下落したマンション数は、3県合計で約38%増加したことが判明した。県別に見ると、埼玉県が顕著な増加を示しており、下落物件の増加率は約50%に到達。千葉県も約36%、神奈川県も約33%で、下落物件が増加していることがわかった。

今後も価格が高騰するとは考え難いと考察
この結果に加えて同社は、コロナ禍以降の3県では中古分譲マンションの値下げ回数は増えている一方で成約までの日数は増加/横ばいになっている点を指摘。この点から3県の中古マンション市場を「価格を下げても売りづらくなっている」と分析し、今後も価格が高騰するとは考え難いと考察している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

プレスリリース【中古マンション価格の実態】 - マンションリサーチ株式会社
https://mansionresearch.co.jp/news/20240502/


Amazon.co.jp : 中古マンション に関連する商品
  • 首都圏分譲マンション平均価格、7,486万円(6月21日)
  • 新横浜線開業前後で価格・家賃が上昇した相鉄線の駅ランキング(6月20日)
  • 日本ハウスHD、買取再販事業などに新規参入(6月20日)
  • 民泊投資をしたオーナーの7割が「期待した投資対効果が得られている」(6月19日)
  • 賃貸の入居者に紹介できるサービスの「不動産アライアンスカタログ」をリリース(6月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->