不動産投資ニュース.com
2022年01月17日(月)
 不動産投資ニュース.com

第3四半期地価、93%が前期と変わらず-国交省「地価LOOKレポート」

新着ニュース30件






























第3四半期地価、93%が前期と変わらず-国交省「地価LOOKレポート」

このエントリーをはてなブックマークに追加
地価動向、目立った変化はなし
国土交通省は11月19日、2021年第3四半期(7月1日~10月1日)の「地価LOOKレポート」を公表した。

地価動向を把握するために、主要都市の高度利用地などを対象に、地価を調査したレポートである。調査対象は東京圏43地区、大阪圏25地区、名古屋圏9地区、地方圏23地区の計100地区。

レポートによると、地価の変動率区分が変わらなかったのが93地区、上方に移行したのが6地区、下方に移行のが1地区となり、前期からの変化は少なかった。

地価が上昇した地区数は35地区から40地区に増加、横ばい地区数は36地区から30地区に減少、下落地区数は29地区から30地区に増加している。

地価
住宅地ではマンション販売が堅調
用途別でみると、住宅地ではマンションの販売数が堅調に推移。地価が上昇した地区数が、2地区増加した。これに伴い、横ばい地区数が2地区減少している。下落地区は、前期に引き続き0地区である。

商業地では、横ばいから上昇に転じた地区が3地区、下落に転じた地区が1地区となった。新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、下落している地区があるものの、再開発事業などで上昇に転じた地区がみられた。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

国土交通省のプレスリリース
https://www.mlit.go.jp/


Amazon.co.jp : 地価 に関連する商品
  • 21年12月、都心5区ビル空室率が16カ月ぶりに低下(12月21日)
  • 非接触・スマホ完結、新たな層を獲得しやすい「スマプラ」がプレリリース(12月20日)
  • 共同不動産投資「みんなの年金」、9号ファンドの抽選結果通知を開始(12月19日)
  • 首都圏分譲マンション賃料、3,300円台の高水準を維持-東京カンテイが調査(12月19日)
  • 首都圏の分譲マンション価格、5か月連続で上昇-不動産経済研究所調べ(12月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->