不動産投資ニュース.com
2022年01月17日(月)
 不動産投資ニュース.com

2021年10月の東京23区、杉並区で新築マンション価格が大幅上昇

新着ニュース30件






























2021年10月の東京23区、杉並区で新築マンション価格が大幅上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
新築マンションの分譲実績データを集計/分析
株式会社マーキュリーリアルテックイノベーターは、2021年11月25日、プレスリリース『月例新築マンション動向(速報値)』の2021年11月号を発表した。

同社は、不動産情報プラットフォームの提供などを手がける企業。今回発表されたリリースでは、同年10月の東京23区における新築マンションの分譲実績データが集計/分析されている。

月例新築マンション動向
杉並区/世田谷区/江東区が大きく上昇
同リリースでは、2021年10月の東京23区それぞれにおける新築マンションの平均価格/平均坪単価/平均面積/供給戸数が、前年同月値と共に表にまとめられている。

同月において平均価格が前年から最も上昇したのは、杉並区となった。同区の価格は、前年同月の5637.7万円から8122.9万円へ上昇。差額は、2485.2万円にまで達している。

杉並区以外には、1183.8万円の差額で8978.3万円をマークした世田谷区や、965.0万円の差額で7475.0万円に達した江東区などが、同月において大きな上昇を果たした。

渋谷区、マイナス1729.1万円
一方、2021年10月の平均価格については12190.2万円をマークした渋谷区が、前年同月比ではマイナス1729.1万円の下落を示した。また前年の平均価格が15658.9万円であった港区も、今期は10455.6万円へ下落する動きを見せている。

同社は今後も、不動産ビジネスに関わるあらゆるステークホルダーの選択を支援すべく、高品質なサービスを提供するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

【月例新築マンション動向(速報値)】2021年11月号発表 - 株式会社マーキュリーリアルテックイノベーター
https://mcury.jp/pressroom/1189/


Amazon.co.jp : 月例新築マンション動向 に関連する商品
  • 21年12月、都心5区ビル空室率が16カ月ぶりに低下(12月21日)
  • 非接触・スマホ完結、新たな層を獲得しやすい「スマプラ」がプレリリース(12月20日)
  • 共同不動産投資「みんなの年金」、9号ファンドの抽選結果通知を開始(12月19日)
  • 首都圏分譲マンション賃料、3,300円台の高水準を維持-東京カンテイが調査(12月19日)
  • 首都圏の分譲マンション価格、5か月連続で上昇-不動産経済研究所調べ(12月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->