不動産投資ニュース.com
2022年01月17日(月)
 不動産投資ニュース.com

2021年10月の新築木造一戸建て住宅平均価格、首都圏1都3県が全て上昇

新着ニュース30件






























2021年10月の新築木造一戸建て住宅平均価格、首都圏1都3県が全て上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
物件価格をエリアごとに集計し、推移を考察
株式会社東京カンテイは、2021年11月9日、プレスリリース『主要都市圏・主要都市別/新築木造一戸建て住宅平均価格 月別推移』の同年10月版を発表した。

このリリースは、「敷地面積が100~300平米」「最寄り駅からの所要時間が徒歩30分以内」といった条件を満たす新築木造物件の価格をエリアごとに集計し、その推移を考察するというもの。同社はこのリリースを、毎月発表している。

新築木造一戸建て住宅平均価格
プラス3.1%で3ヵ月ぶりに上昇へ転じた首都圏
今回の発表によると、2021年10月の首都圏における新築木造一戸建て住宅の平均価格は3909万円となった。前月比ではプラス3.1%となり、3ヵ月ぶりに上昇へ転じている。

都県別に見た場合、東京都は前月比プラス4.8%の4786万円となり、3ヵ月ぶりの反転上昇を達成。神奈川県もプラス4.7%の4208万円で、千葉県もプラス0.9%の3343万円で、やはり3ヵ月ぶりに上昇へ転じた。埼玉県もプラス1.4%の3487万円となり、反転上昇をマークしている。

今期の首都圏は、1都3県全てが上昇を果たした。この結果について同社は、建物面積が広い物件の増加を指摘。この増加傾向は都市の中心部で顕著であり、ゆえに価格の高額が進んだと考察している。

近畿圏と中部圏も反転上昇を達成
2021年10月の近畿圏における新築木造一戸建て住宅の平均価格は、前月比プラス1.2%の3269万円となった。大阪府は2ヵ月連続の上昇を、兵庫県と京都府は反転上昇をそれぞれ果たしており、これら主要府県の上昇によって圏全体としても3ヵ月ぶりに上昇へ転じている。

中部圏は、前月比プラス0.2%の3157万円となり、反転上昇をマーク。一方、愛知県はマイナス1.0%の3358万円で下落へ転じたが、前年同月比はプラス2.2%で上昇を維持した。

福岡県は、プラス0.1%の3253万円で4ヵ月連続上昇を達成。前年同月比も、プラス4.0%をマークしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

主要都市圏・主要都市別/新築木造一戸建て住宅平均価格 月別推移 10月 - 株式会社東京カンテイ
https://www.kantei.ne.jp/report/kodatesintiku202110.pdf


Amazon.co.jp : 新築木造一戸建て住宅平均価格 に関連する商品
  • 21年12月、都心5区ビル空室率が16カ月ぶりに低下(12月21日)
  • 非接触・スマホ完結、新たな層を獲得しやすい「スマプラ」がプレリリース(12月20日)
  • 共同不動産投資「みんなの年金」、9号ファンドの抽選結果通知を開始(12月19日)
  • 首都圏分譲マンション賃料、3,300円台の高水準を維持-東京カンテイが調査(12月19日)
  • 首都圏の分譲マンション価格、5か月連続で上昇-不動産経済研究所調べ(12月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->