不動産投資ニュース.com
2022年05月26日(木)
 不動産投資ニュース.com

ハウスコム、自主管理オーナー向け「スマートシステムPLUS」をリリース

新着ニュース30件






























ハウスコム、自主管理オーナー向け「スマートシステムPLUS」をリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンション・アパートの自主管理経営を支援
ハウスコム株式会社(以下、ハウスコム)は12月1日、不動産投資で物件を購入し、賃貸で自主管理を行っているオーナーなどに向けた新サービスとして「スマートシステムPLUS」をリリース、提供を開始したことを発表した。

手間のかかる日常の業務や空室対策として導入したい商材など、必要なものをWeb上から簡単に発注でき、困難を抱えやすい自主管理による賃貸経営をサポートする。

ハウスコムでは、物件を自主管理するオーナー向けサービスとして、2020年7月から「スマートシステム」を提供してきた。「スマートシステム」では、スマート内見を活用した先進的空室募集の展開や、滞納保証、入居者サポート、退去立会にいたるまでのフルサポートを受けることができる。

料金は1部屋1,650円で、1室から加入・利用できるという。提供直後から反響は大きく、約1年半で加入部屋数1,000室を突破、オーナーらから好評を得ている。

一方で導入済みオーナーから、さらに共用部の清掃や定期点検なども依頼したい旨の要望があり、こうした声に柔軟に応える仕組みとして「スマートシステムPLUS」を開発、今回のリリースとなった。

作業報告は写真付きのメールで受け取れ安心!
「スマートシステムPLUS」では、ビルマネジメント業務として、定期清掃や巡回清掃、特別清掃を依頼できるほか、植栽の剪定・除草、共用灯の交換、粗大ゴミ処理、貼紙の掲示、不用品回収なども頼むことができる、

定期的に実施すべきエレベーターの点検や消防設備点検、貯水槽点検清掃、増圧ポンプ点検といった点検業務関連も充実したメニューで揃う。

また、空室対策商材として、オートロックシステムや防犯カメラ、宅配ボックス、ゴミステーション、トランクルームなどを発注・導入したり、建物災害危険度のチェックや給排水設備診断の実施、プロパンガスの交換作業を行ったりといった安全・安心・利便性アップによる付加価値向上を図ることも簡単にできる。

「おすすめサービス」として、定期清掃と建物点検、特別清掃をセットにパッケージ化した「BM業務BASIC」や、定期清掃と特別清掃のみをセットとする「BM業務ENTRY」、「スマートシステム」、「空室募集」ソリューションといったラインアップもあり、柔軟に組み合わせて利用することで、効率化とコスト対策の両立を目指すことができるだろう。

作業報告は写真付きメールで行われるものとなっており、容易かつ確実に確認できるほか、データをWebで物件カルテとして利用することも可能となっている。


外部リンク

ハウスコム株式会社 プレスリリース
https://ssl4.eir-parts.net/

Amazon.co.jp : スマートシステムPLUS に関連する商品
  • 不動産共同投資「みんなの年金」、19号ファンドの出資募集を6月1日開始(5月23日)
  • 京急逗子線・大師線とみなとみらい線、駅別中古マンション価格が上昇傾向(5月21日)
  • 首都圏中古マンション成約価格23か月連続で上昇-東日本レインズ(5月19日)
  • 東京都3月の新設住宅着工戸数、2か月振りの減少(5月18日)
  • 22年4月東京都心のオフィスビル空室率、横ばいで推移(5月17日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->